【徹底解説】ヌメ革の特徴は? 飴色にエイジングさせるためのコツは?

ヌメ革の説明の画像

レザーグッズについて知ろうと思ったら、ヌメ革は一番最初に知っておくべきスタンダードな革といっていいでしょう。

ヌメ革は革の基本であり、経年変化やエイジングが楽しめるのがヌメ革の最大の魅力!

今回はそんな「ヌメ革」について解説しますね。

そもそもヌメ革ってどんな革?

ヌメ革の見本の画像

ヌメ革の定義はいろいろありますが、基本的には

  • 植物性のタンニン鞣(なめ)し革であること
  • 染色・表面仕上げをしていない革であること

基本的に、この2つを満たしていればヌメ革と覚えてもらっていいと思います。

 

問屋さんと販売店で定義が違う

もう少し詳しく説明すると、ヌメ革の定義って難しくて、問屋さんと販売店で説明が違ったりします。

皮から革になるまでには鞣したあと、

  • 革を鞣して乾燥した革に水分を含ませて革らしく馴染ませる「味入れ」
  • 油脂を使って柔軟性を加える「加脂」
  • 染色
  • 仕上げ

など様々な工程があるのですが、問屋さんなどでは、この「加脂」まで行った革のことを「ヌメ革」と呼びます。

まぁ、ヌメ革の商品を買って使う人にはあまり関係のない豆知識ですが、レザークラフトをしたい人なら覚えておいてもいいかもしれませんね!

有名なタンナーさんとしては、

イタリアの「ブッテーロ」、「ミネルバリスシオ」

日本では「栃木レザー」、「新喜皮革」が有名どころです。

 

ヌメ革の特徴

ヌメ革はどんな革なのか分かったところで、次はヌメ革の主な特徴を説明します。

  • 淡い茶褐色(肌色)
  • 厚みがある
  • キズが付きやすい
  • 日光や油分で色が変わる
  • 使っていると艶が出る
  • 水に弱い
  • カービング・スタンピングができる(刻印が打てる)
  • コバを磨いて仕上げやすい

これらがヌメ革の特徴です。

ヌメ革はクロム革と真逆で、繊細な革なので使っているとキズや色の変化が必ず起こります。

その変化を楽しめるのがヌメ革の楽しいところなんですよね!

また刻印やカービング、成形などの加工に向いているので、レザークラフトによく用いられているんですね。

 

「ヌメ革」「クロム革」どう違うの?

革のソファーの画像

革には大きくわけて「ヌメ革」「クロム革(クロムレザー)」の2種類の革があります。

「皮」から「革」にするためには、鞣(なめ)すという工程が必要不可欠です。

鞣しとは動物の毛皮の毛と脂肪を除いて柔らかくして皮を腐らないように性質を変化させるという作業なんですが、この鞣し方に大きな違いがあるんです。

  • ヌメ革は植物を使ったタンニン鞣し
  • クロム革は科学薬品を使ったクロム鞣し

これは覚えやすいですね!笑

お茶やワインなどにも含まれている植物性の「タンニン」を使った鞣し方は古来からの方法。

クロム鞣しは100年ほど前から始まった鞣し方です。

何百年も続く革歴史の視点で見ると、クロム革は最近開発された革なんです。

クロムレザーはヌメ革と比べて

  • 鞣す時間が短い
  • 水に強い
  • 薄い
  • 変化に強い

などの特徴があります。ヌメ革とは全く逆の特徴を持っているんですね。

昔ながらの工法で作られたヌメ革なのですが、鞣す時間が長くて水やキズに弱いという特徴がありました。

そこで技術が進んで開発されたのがクロム鞣し

この工法のおかげで、ソファーなどの家具に使える薄くて丈夫な革が作れるようになりました。

大量生産も可能で重宝されるクロムレザーは、ヌメ革とは正反対の性質を持っているので、どちらにも適した用途があるのです。

 

ヌメ革は小物や財布に向いている

古くから使われてきたヌメ革だけあって、鞄や財布などの小物類には、革の厚いヌメ革が向いています。

硬くてハリのある、風合いが豊かな性質をもつ革なので、革財布ベルト・手帳など、普段身につけるモノによく使われていますね!

 

クロム革は強度が必要なモノに向いている

一方でクロム革は、コストの低さや鞣す時間の短縮により、大量生産をしたい製品に向いています。

傷に強く、汚れにくい、経年変化も出にくいので、ソファや車のシートなどの強度が必要な家具などに使われることが多いですね!

次はこの「経年変化ってなに?」ってところを説明します。

 

ヌメ革で一番の楽しみ!「経年変化」

ヌメ革のエイジングの画像

ここまで読んで、「クロム革の方がいいんじゃないの?」

って思った方もいると思うんですが、そうじゃないんです!

クロム革は薄いため小物には向かないという点もあります。

ですがヌメ革の一番の魅力は、クロム革には出来ない経年変化(エイジング)するという点にあります。

 

使えば使うほど馴染んでいくヌメ革の魅力

買った時は一般的な肌色の革財布。

ですが何年も使ううちに自分のクセや使い方でどんどん変化し、最終的には世界に1つだけの自分の財布が出来上がります。

使えば使うほど、自分に馴染むように変化していくからこそ、使っていて愛着が湧いてくるのがヌメ革の魅力ですね!

 

ヌメ革はキズが付きやすいので注意!

注意!と書きましたが、そのキズがいいという人もいます。

「キズを付けずに大切に使いたい派」の人たちにとっては、ヌメ革にキズが付いてしまうのはショックですよね。

ですがヌメ革は、どんなに大切に使っていても軽く引っ掻いてしまうだけでキズが付いてしまう繊細な革。

キズが付いたらしっかりと手入れをしてアジを出していきましょう。

長く使っていくうちに、そのキズがだんだん愛おしく思えてきます。笑

 

ヌメ革は色が変化する革!

使うほどに色がどんどん変わっていくのもヌメ革の良さですね。

肌色だったヌメ革は、日を追うごとに色が濃くなっていきます。

水にめっぽう弱いので、シミによる色の変化も起こります。

これは表面加工を施していないヌメ革だからこその変化ですよね。

そして最終的に、キレイな飴色へとエイジングさせることができるんです。

ヌメ革が好きな人の一番好きな理由がこの「色のエイジング」と言っても過言ではないと思いますね!

 

ヌメ革をキレイにエイジングさせるために

ここまで読んだみなさんは、きっとヌメ革の経年変化の魅力に取り憑かれたことでしょう!

ヌメ革っていうのは凄く手間がかかる子なんです!

だが、それがいいんです!

そんなヌメ革をながく、キレイにエイジングさせるためのコツを紹介したいと思います。

 

ヌメ革の使い始めは日光浴が大切

まずはじめに、ヌメ革を扱う前は日光浴防水スプレー

これを忘れてはいけません。

そのまま使い始めて自分のアジを出す方もいます。

しかし、きれいなエイジングを目指すためにはこの工程をしておいたほうがいいかもしれません。

 

ヌメ革の日光浴って?

ヌメ革を日光浴させるというのは、日に当てて日焼けさせることを言います。

日光浴といっても、カーテンを開けて窓から差し込む光を当てる程度で大丈夫です!

この日光浴をすることで得られる効果は大きく4つあります

  • シミなどが目立たないようにコーティングする
  • 革の傷や汚れが付きにくくなる(目立たなくなる)
  • 色のツヤやムラの差を少なくする
  • エイジングを早める

本当は、日光浴でエイジングが変わるという説は近年崩れかけています。

何年も使っていくなら、最終的には日光浴をさせてもさせなくてもあまり変わらないというのが最近の革好きの見解です。

日光浴に関しては、革好きの儀式みたいなものなので

  • 初めに色を一段階エイジングさせたい
  • 自分で育ててる感じを楽しみたい
  • 使い始めのキズが目立たないようにしたい

こんな方は日光浴をさせるのがいいかもしれませんね!

 

オイルメンテナンスは絶対!

経年変化をキレイにさせるためには、オイルメンテナンスは欠かせません!

メンテナンスをしなければ乾燥してヒビ割れを起こしやすくなってしまいます。

年に1〜2回くらいはしっかりとオイルメンテナンスをしてあげましょう。

メンテナンスのやり方なのですが、革の生産地、使われている牛の部位、メーカーなどでオススメのメンテナンス方法が違います。

財布を買ったときにメンテナンス方法を書いた冊子が付属することがありますので、それを参考にするのが一番でしょう。

 

ヌメ革に最適なオイルは?

ヌメ革専用のオイルは色々と販売されていますが、液体タイプよりも固体のクリームを使った方が失敗が少ないです。

初めてでなにを塗ればいいか分からないという方は、有名メーカーのレザークリームを使うのがいいかなと思います。

財布なら革靴やカバンよりもメンテナンスが難しくないので、メーカー品なら割とどれでも使えます。

僕のオススメは「コロニルの1909シュプリームクリームデラックス」です。

固体なのでシミなどの不安も少なく、何年も使えてコスパも良いです!

 

防水スプレーで汚れとシミを予防!

よりきれいなエイジングを目指すなら防水スプレーで水滴を予防しましょう。

防水スプレーは、ちょっとした汚れや小さな水滴くらいなら予防できるので出来るだけ汚したくない方は忘れずにやりましょう。

大きな汚れや水没などには効きませんが、スプレーしている財布としていない財布を比べるとエイジングの差がかなり大きいです。

防水スプレーも「コロニルの1909シリーズ」をオススメしています。

先程紹介したオイルと同じメーカーなので、初心者の方でも使いやすいと思います!

 

まとめ

ヌメ革の長財布の画像

ヌメ革について説明してきましたがいかがだったでしょうか?

ヌメ革という素材を詳しく知って興味を持った方は、まずは財布などの小物から入っていくのがオススメです!

使う人によって様々な顔を見せるヌメ革。

普段使うものだから、使っていくうちに自分に似ていく感じがして凄く愛着が湧きます。

みなさんもぜひ自分だけの財布を育ててみてください。

 

買うときはレザーショップで!

日光浴で書いた通り、ヌメ革は光が当たると色が変わってしまうので、量販店や百貨店にはあまり置いてないです。

レザーショップで購入したり、サンプルを見て気に入った形で一から作ってもらったりする人が多いのではないでしょうか?

専門のレザーショップは通販でも販売しています。

手触りは分かりませんが、いろんな種類の財布がカタログのように見ることができるので楽しいです。

近くにお店がない方は、通販で自分の好きなデザインを探してみてください。