【ココマイスター】ロッソピエトラシリーズの種類と特徴・エイジングについて徹底解説!

ココマイスター「ロッソピエトラ」の説明画像

ココマイスターの「ロッソピエトラ」シリーズは、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでもオシャレにキマる財布です。

買ったときの高級感を長く維持して使えて「できる男の財布」って感じがするんですよね!

そんなロッソピエトラについて徹底的に解説していきたいと思います。

ロッソピエトラって?

ココマイスターの「ロッソピエトラ」ラウンド長財布の画像

ロッソピエトラはココマイスターが販売している革財布のシリーズの一つ。

紳士向けに作られた高級感のあるシボ革と、深みのあるツートンカラーが遊び心があってオシャレなのがポイントですね。

ビジネスシーンでも使いやすく、カジュアルでも自然に使えそうなのが魅力的です。

ロッソピエトラで使われている革

ピエトラレザーとマットーネレザーの画像

ココマイスター「ロッソピエトラ」では、

  • ピエトラレザー
  • マットーネレザー

という2種類の革が使われています。

ピエトラレザー

ピエトラレザーはココマイスターがこのシリーズのためだけに使っている革で、シボが特徴のヌメ革です。

というのも、ココマイスターはスムースレザーという表面が滑らかな革を使うことが多いのですが、ロッソピエトラではもう少しシボが深く入っています。

革本来の雰囲気もさることながら、キズが目立ちにくいというメリットがあるので普段遣いにもピッタリなんです。

マットーネレザー

マットーネレザーは、イタリアのトスカーナ地方に伝わる「バケッタ製法」で作られた革。

バケッタ製法の革の特徴は、時間をかけて植物タンニンを染み込ませながら鞣す(なめす)という製法なんですが、他の製法と比べるとかなりの時間と手間がかかるので、貴重な革と言われています。

オイルをたっぷりと含んで手触りが優しい特徴を持っているため、ココマイスターでは主に内装に使われることが多いですね。

ちなみに、どちらの革もグレージングという艶出し加工をしているので、高級感のある見た目に仕上がっていますね!

ロッソピエトラのカラーバリエーション

ココマイスター「ロッソピエトラ」のカラーバリエーションの画像

ロッソピエトラシリーズのカラーバリエーションは全部で4種類です。

  • ブラック
  • ダークネイビー
  • モスグリーン
  • オレンジ

やっぱりこのツートンカラーが遊び心のある紳士って感じがします!

個人的にモスグリーンが仕事以外でもオシャレに使えそうでいいなと思うんですがどうでしょう?笑

ロッソピエトラシリーズ紹介

ラウンド長財布

ココマイスター「ロッソピエトラ」のラウンド長財布の画像

サイズ 縦9.5 x ヨコ19cm 厚さ2.5cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 8個
フリーポケット 2個
重さ 178g
生産国 日本

ラウンド長財布から紹介させていただくのは、僕が一番好きな形だからです。笑

3面ファスナーなのでポケットが大きく使えて、ゆったりと使えるのがポイントですよね。

ロッソピエトラのシリーズでも一番人気の財布です。

ファスナーを閉めると革の張りやツヤが強調されるので、しっかりと見せつけることができますね!笑

薄型長財布

ココマイスター「ロッソピエトラ」の薄型長財布の画像

サイズ 縦9.5 x ヨコ19cm 厚さ2cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 6個
フリーポケット 2個
重さ 132g
生産国 日本

ロッソピエトラシリーズで一番薄い財布がこの薄型長財布。

小銭入れやカード収納は薄さを追求した形になっており、厚さは2cm。

スタイリッシュさを求めているならこの財布がいいと思います。

V字マチ長財布

ココマイスター「ロッソピエトラ」のV字マチ財布の画像

サイズ 縦9.5 x ヨコ19cm 厚さ2.2cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 11個
フリーポケット 3個
重さ 149g
生産国 日本

こちらもロッソピエトラで人気の一品。

一見薄型長財布と同じように見えますが、小銭入れとカード収納が違います。

薄型長財布よりも小銭の出し入れがしやすく、ファスナーで内の革を痛める心配もなくなっています。

カードを縦型に収納できるっていうのが紳士感ありますよね。

収納枚数は11枚とこのシリーズでは最大になります。

二つ折り財布

ココマイスター「ロッソピエトラ」の二つ折り財布の画像

サイズ 縦9.5 x ヨコ11.2cm 厚さ2.3cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 4個
フリーポケット 3個
重さ 96g
生産国 日本

二つ折りが好きな方はこちら。

シンプルイズベストという言葉がピッタリ仕上がりでいいですよね。

レザーの質感だったり、ガシガシ使って経年変化楽しめるデザインになっています。

ラウンド小銭入れ

ココマイスター「ロッソピエトラ」のラウンド小銭入れの画像

サイズ 縦7.5 x ヨコ11.5cm 厚さ2.2cm
コインポケット 1個
カードポケット 2個
フリーポケット 2個
重さ 83g
生産国 日本

これ、メチャクチャ使いやすいと思います。

小銭入れがほしいなと思っている方ならこれ一択と言ってもいいほど汎用性が高い小銭入れ。

ラウンドファスナーで、ちょっとしたカードやお札も小銭と一緒に入れることができるサイズ感。

コンパクトなので一つ持っておけば、ちょっと出かける時にピッタリの小銭入れです。

名刺入れ

ココマイスター「ロッソピエトラ」の名刺入れの画像

サイズ 縦7.8 x ヨコ11cm 厚さ1.5cm
カードポケット 1個
フリーポケット 2個
重さ 50g
生産国 日本

ロッソピエトラシリーズには名刺入れもあります。

パッと見た感じシンプルな名刺入れに見えますが、中を開くとピエトラレザー部分にロゴが入っていますね!

相手に見える名刺入れだから表面はシンプルに、中を開くと自分だけに分かるワンポイント。

細部まで気を使ったデザインがココマイスターの良いところなんですよね!

ロッソピエトラシリーズの手入れ

コロニル1909の画像

ココマイスター「ロッソピエトラ」の表面「ピエトラレザー」にはヌメ革を使用していますので、オイルメンテナンスが必要です。

「革が乾いてきたかな?」と思った時に、クリームをサッと薄く塗って手入れするのがいいでしょう。

手入れ用のクリームは、ココマイスターが推奨する「コロニル 1909」というクリームがあるのでこちらを使うのが間違いないです。

ロッソピエトラのエイジング

ココマイスターのロッソピエトラの財布の画像

さて!革好きの皆さんお待ちかねのエイジングについて書いていきましょう!

結論から言うとロッソピエトラは、1年程度では大きなエイジングは感じられません。

初めに書いたように、ロッソピエトラは他のココマイスター商品と違ってシボが深くてキズが目立たないのが特徴です。

その分表面はエイジングを感じづらいのです。

そのかわりに定期的なメンテナンスをすることで、くたびれた感じが出ず、革の張りや高級感を保ったまま長く使える革財布となっています。

エイジングを楽しみたいなら

同じココマイスターで、エイジングを楽しみたいならコードバン! といいたいところですが、

価格帯やカラーバリエーションで近いのは「ブライドル インペリアルウォレット」がいいかなと思います。

ブライドルレザーなのでロッソピエトラとは違いシボもなくハードな革ですが重厚感があります。

財布を育てたい方にはオススメの財布です!

ロッソピエトラシリーズの口コミ・評判

公式サイトの画像よりも色味が若干明るめ

 

こちらはオレンジ色の2つ折りを購入した方なのですが、オレンジ色が公式サイトよりも若干明るく感じたようですね。

確かにTwitterの写真と公式の写真では色味が少し違うかもしれませんが、発色とツヤがいい感じに出ていて気になりません。

この画像を見て「オレンジもいいかも」って思いました。笑

スマートに持つなら断然薄型

こちらの方は薄型長財布を購入。

機能重視で最低限の収納は欲しい!という方は薄型財布を選ぶのがいいかと思います。

僕はラウンドファスナーが好きなんですが、薄型を買ったら領収書などのもこまめに整理するようになりそうです。笑

公式サイトでも星5評価を付けている方がほとんどで、とても評判のいい財布です。

 

まとめ

ココマイスター「ロッソピエトラ」の財布の画像

「ロッソピエトラ」欲しくなったでしょ?笑

紳士感を出すならブラックやグリーン。

若さとスタイリッシュな感じを出したい方はオレンジに冒険するのもありかなと思います。

名刺入れと財布を色違いで揃えるのも統一感があってオシャレですよね!

カジュアル用にオレンジっていうのもいいなー。