【超人気!】ナポレオンカーフのL字ファスナーの評判・レビュー

ココマイスターのボナパルトL字ファスナーの画像

ココマイスターが販売している「ボナパルトL字ファスナー」

この小銭入れが今かなり人気なんです。

すぐに売切れになってしまうので手に入れるのは難しいですが、確かにこの色や質感は人気なのが分かります。

ボナパルトL字ファスナーの評価

  • 色の種類が豊富
  • 起毛革で手触りがいい
  • 小銭がたくさん入るのに分厚くならない
  • しっかりとエイジングする

良いなと思ったのはこの点です。

個人的にL字ファスナーは使いにくいイメージであまり好きじゃないんですけど、これは使いやすいです!

革の小銭入れがほしいなと思っているなら、このコインケースは買いだと思います!

 

ボナパルトL字ファスナーの詳細・レビュー

ココマイスターのボナパルトL字ファスナーの詳細画像

サイズ 8.5×11.5cm 厚さ1.7cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 1個
素材 ナポレオンカーフ(イタリアンオイルドヌバック)
内装 ナポレオンカーフ
重さ 40g
価格 10,000円(税込み)

ナポレオンカーフとは!?

ナポレオンカーフは、イタリアの仔牛の革「カーフ」をヌバックで作った革。

ヌバックは牛革の銀面(表面)を削って起毛したレザーです。

アウトドアシューズ(ティンバーランド)の表面を想像してもらったら良いと思います。

あの革質がヌバックですね。

さらに、その革にオイルを染み込ませた「オイルドヌバック」となっています。

「仔牛の革」「オイルドヌバック」という言葉を聞くだけでかなり価値があることが分かりますね。

 

ボナパルトL字ファスナーのオススメポイント

ボナパルトL字ファスナーの内装画像

コインケースより大きい、二つ折り財布より薄い

そうなんです、「ボナパルトL字ファスナー」は一般的な小銭入れよりも大きいのが特徴。

一般的な二つ折り財布と、ほぼ同じ大きさなんです。

二つ折り財布の余分な部分を削ぎ落とした財布って感じです!

その分薄くて軽い!!

 

小銭がたくさん入る!

薄くて軽い、そしてよくある小銭入れよりも大きいので、結構な収納性があるんですよ。

この画像、そこまでパンパンに小銭が入ってる感じはしないですよね?

実はこの中に、小銭が50枚以上、お札が11枚、カードが1枚も入っているんです!笑

凄くないですか?!

コインケースって、

「パンパンでかっこ悪くなっちゃった」

「もう少しお札(カード)入らないかなー」

なんていうことがあるのですが、この小銭入れなら心配なさそうですね!

 

色のパターンは全9色

ココマイスター「ボナパルトL字ファスナー」の画像

  • ワイルドブラック
  • ワイルドブラウン
  • ワイルドオアシス
  • ワイルドサンセット
  • ワイルドドリーム
  • ブラウンフォース
  • オアシスフォース
  • ドリームフォース
  • サンセットフォース

カラーバリエーションは単色4色、小銭入れ部分の色が違うツートーンカラー4色の計8色。

オイルドヌバックだからこそ出せる色合いがオシャレですよねー。

 

ナポレオンカーフはエイジングが早い!

ナポレオンカーフの最大の特徴が「エイジングの早さ」にあります。

どんなエイジングをするかというとですね。

使い始めの起毛がある状態(フワフワ感)がなくなってツルツルとした革になっていきます。

エイジングが好きな方にとってはたまらない小銭入れです。

 

ファスナーもスムーズに開閉

ラウンドファスナー、L字ファスナーの財布によくあるのが、「ファスナーが角で止まる」ということじゃないでしょうか?

せっかく買ったのに、使う度にストレスになるのは嫌ですよね。

ボナパルトL字ファスナー、かなりスムーズに開閉できます。

ストレスなんて全然ありません。

それくらい細部までしっかり作り込まれているんですね。

公式サイトのレビューを見てみると、スムーズに開閉出来すぎて鞄の中に小銭入れを入れた自然にファスナーが空いてしまうなんて事も

 

ナポレオンカーフはキズが付きやすい!?

ナポレオンカーフのボナパルトL字ファスナーの画像

エイジングが早いぶん、キズが付きやすいという特徴も。。。

銀面を削った起毛革のオイルドヌバックなので、キズが付きやすいのは仕方のないことです。

ツメが擦れただけで後になってしまいます。

始めは気になるかもしれませんが、そういうものなので気にすることはありません。笑

使わないとエイジングしないですからね。

ちなみに、気になるキズはある程度なら手入れで見えにくくできるので、ガシガシ使ってエイジングさせていきましょう!

 

アタリが付きやすいよ!

これは好きな人と嫌いな人が分かれるかと思いますが、この小銭入れはアタリが付きやすいです。

アタリというのは、カードを入れたときの跡や小銭の跡が表面に出てくることです。

使いはじめは気になるかもしれませんが、最終的なエイジングを見ると財布全面テカテカと革がテカテカと光るようになるので、アタリ自体は気にならないですね。

むしろ「アタリが付きやすい」「光るようになる」って縁起が良さそうですねw

 

ボナパルトL字ファスナーのデメリットは?

ボナパルトL字ファスナーの画像

デメリットを上げるとすれば2点あるんですが、

  • 水に弱い
  • 色落ち・色移りするかもしれない

という点ですね、順番に説明していきます。

水に弱い

銀面を削って作っているので、水に弱いというデメリットがあります。

といってもオイルを浸透させた革なので、そこまで神経質になることはないと思います。

革財布たるもの、水に弱いのは基本ですからね。

いつもどおりのケアをしていけば問題はありません。

ただし防水スプレーは、経年変化を遅らせるようです。

早いエイジングを期待している方は防水スプレーは避けたほうが良いかもしれませんね。

 

色落ち・色移りするかも

革の繊維は、染料をしっかりと定着させるのが難しいです。

塗装した財布を長く使っていくと、摩耗や劣化で色が落ちることがあります。

これもエイジングの一種なんですが、革の質感を出すために色止めの加工をしていない革によくある現象ですね。

ジーパンくらいなら影響なさそうですが、白いシャツとかに強く当たると色移りすることがあるかもしれないので気をつけないといけませんね。

 

ボナパルトL字ファスナーの手入れは?

コロニル1909の画像

お手入れは結構簡単です!

どちらかというと丁寧にガシガシと使って、エイジングをさせてあげた方が味が出ると思います!

購入時

使い始めは特に手入れは必要ないです。

防水スプレーに関しては、エイジングを遅らせたい方だけスプレーするのが良いでしょう。

どうしても気になる方は薄くスプレーする程度で大丈夫です。

 

定期メンテナンス

定期的に行うメンテナンスとしては、ブラッシングだけでオッケーです。

起毛なので。笑

少しくらいのキズは指で擦ると消えますね。絨毯に跡がついた時のような感じです。

起毛なので!!

 

エイジングが進んできたら

このナポレオンカーフという革は、エイジングが進むと起毛がなくなってきます。

無くなるというよりか、使っているうちに起毛が寝てくるんですよね。

こうなってきてはじめて保湿メンテナンスをおこないましょう。

起毛が立っている状態での保湿クリームを塗ると、ベトベトと起毛が寝てしまったり、せっかくの革の質感をなくしてしまうかもしれません。

それ以降のケアは、革が乾いてきたかな?と思ったらさっと塗ってあげたらオッケーです。

保湿クリームを塗るタイミングは大事ですが、一般的な革と比べても比較的簡単な方なんじゃないかなと思います。

 

ボナパルトL字ファスナーのエイジング

ナポレオンカーフのエイジングの画像

お手入れの先に待っているのはテカテカに輝いた小銭入れ。

「使い始めは起毛革だったの?」って思うほど!

自分の使い方に合わせた形になって自分だけの財布が出来上がります。

エイジングが早くアタリが付きやすいので馴染んでいくまでの変化が楽しめそうですね。

 

まとめ

ココマイスターのボナパルトL字ファスナーの画像

二つ折りサイズと変わらない大きさだけど、財布よりシンプル。

小銭入れと財布の中間みたいな感じでメチャクチャ使いやすいです。

10,000円台で買える人気な財布なので、気になる方は売切れる前にチェックしてみてください!

なによりもエイジングも早いので自分が使っていて楽しい財布です。