WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の財布はエイジングが感動するレベル!【バイカーズウォレット】

wildswansの財布の画像

ワイルドスワンズを紹介するにあたって、僕は公式サイト全部に目を通すんですよ。

泣きそうになりましたね。笑

僕は自分で買ったものやプレゼントされたものに対して、本当に思い入れが強くなるタイプの人間なんですよ。

ワイルドスワンズとユーザーが革小物に込めた想いを読んで「やっぱり革小物っていいなー」ってノスタルジックになってしまいました。

これを読んで頂けたら、みなさんもそういう財布と出会えると思います。

 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)ってどんなブランド?

ワイルドスワンズの説明の画像

  • 1998年に3兄弟が立ち上げたブランド
  • 10年以上使える、劣化を未然に防ぐデザイン
  • 上質で堅牢なのでバイカーズウォレットとしても人気

ワイルドスワンズの特徴はなんと言っても重厚感。

丈夫でガッシリしていて壊れにくい男らしい財布が多いです。

10〜20年は余裕で使えますね。

というか、エイジングがゆっくりなので時間をかけて楽しみたい財布といったほうがいいかもしれません。

というわけで、バイカーズウォレット界でも上位を争うブランド「ワイルドスワンズ」を紹介していきますね。

 

コバの仕上がりが綺麗

ワイルドスワンズは、コバ(革の切り口)に施す仕上げがとても綺麗。

コバには塗装処理したものと、塗装せずに磨いて処理したものがありますが、どちらもしっかりと仕上がっています。

ワイルドさのある財布ですが、技術はとても繊細というギャップに惹かれますよね。

また、財布を購入した時に「スリッカー」というコバのお手入れに使うツールが一緒についてきます。

ワイルドスワンズの店舗ではコバの補修を無料で行ってくれたりとアフターサービスも充実していますよ。

 

ワイルドスワンズのエイジング

ワイルドスワンズのエイジングの画像

ワイルドスワンズに限らず、バイカーズウォレットはタフで強い。

買ったばかりで新品の財布はグローブのように堅い革なんですが、だんだん馴染んてきていつの間にか自分にピッタリの財布に変化していくんです。

これ、比喩表現ではないんですよ。

カードを入れ方や小銭の多さ、普段どうやって持ち歩くか、使う人の癖や使用頻度によって財布は色や形が変わってきます。

初めは同じ財布でも、気づいたときには自分だけの世界にひとつだけの財布になっているんです。

これが、財布を育てている、臭い言い方をすれば「財布と一緒に人生を歩んでいる」という感覚になるんですよね。

 

エイジング画像がたくさんの「革の履歴書」が楽しい!!

「革財布はエイジングしてなんぼじゃ!」というブランドは数多くあります。

公式サイトを見てもエイジングをした様子が分かる画像を掲載しているブランドが結構あるんです。

そんな中、ワイルドスワンズも「革の履歴書」としてお客さんが購入した財布のエイジング画像をホームページで公開しています。

ただそれだけではなく、お客さんのストーリーを一緒に載せているんですが、これを見て本気で感動してしまいました。

 

「革の履歴書」少しだけ紹介

ワイルドスワンズのエイジングの画像2

左の写真は2012年に彼女さんがプレゼントしてくれたキーケースだそうです。

8年経って彼女さんは奥さんになり、キーケースは今も現役で一緒に同じ時間を歩んでいるんですね。

お子さんがいるかは分かりませんが、子供が大きくなった時に「このキーケスはね…」っていう話ができるんだろうな〜。

なんて想像が膨らみますよね。笑

 

右の手帳の持ち主の方は1999年に購入して現在もこの手帳を使用しているそうです。

お気に入りのものにキズが付いてしまったらその時はショックじゃないですか。

それでもいつの間にか、そのキズに愛着がわいてくるんですよね。

「あーこのキズはあの時に付いたやつだったなー」みたいな思い出が詰まったキズになるんです。

これがなぜか忘れられないんですよね。笑

 

こんな感じで、経年変化画像と一緒にストーリーが楽しめるのがワイルドスワンズのおもしろいところです。

何年も使用できる革だからこそ思い入れも大きくなっていくんですよね。

修理やメンテナンスに持ち込まれた時に掲載をお願いしているので、リアルな経年変化を見ることが出来ますよ。

 

ワイルドスワンズのおすすめ革財布

ワイルドスワンズ WAVE(ウェイブ)長財布

ワイルドスワンズのwaveの長財布の画像

サイズ 98 × 192 mm 厚さ25mm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 12個
フリーポケット 2個
素材 外装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
内装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
生産国 日本
価格 50,000円(税抜)

ワイルドスワンズの中で定番の人気商品となっているWAVEシリーズ。

数あるラインナップの中でも大容量の収納力がある財布です。

外装だけでなく、内装にも同じサドルプルアップレザーを使用しています。

エイジングしたら段違いのツヤがでてドンドンかっこよくなりますよ。

 

 

ワイルドスワンズ BYRNE(バーン)三つ折り財布

ワイルドスワンズの三つ折り財布の画像

サイズ 95 × 140 mm 厚さ35mm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 5個
フリーポケット 3個
素材 外装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
内装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
生産国 日本
価格 39,500円(税抜)

三つ折り財布も人気ですねー。

先程のWAVEを短くした外装デザインで、思った以上に収納力が高いです。

バネホックで財布を止めるタイプなんですが、ホックの跡がエイジングによって浮き出てきます。

カラーバリエーションによってエイジングした時の印象がぜんぜん違うのでエイジングの画像を見てからカラーを選ぶといいでしょう。

 

WILDSWANS SURFS I(サーフス I) 長財布

ワイルドスワンズのサーフ1の長財布の画像

サイズ 95 × 190 mm 厚さ15mm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 6個
素材 外装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
内装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
生産国 日本
価格 29,000円(税抜)

サーフスの一番の特徴は薄さ。

革自体が厚いので、作り込むとどうしても20mmを上回ってしまうのですが、このシリーズは15mmとワイルドスワンズの中では薄めの財布となっています。

コインポケットを内装に一体化させることで、余分な革をなくし薄さを出しています。

見た目もシンプルで、カジュアルでもビジネスでも使えるように作られていますね。

 

イングリッシュブライドル GROUNDER(グラウンダー) 二つ折り財布

ワイルドスワンズのブライドルレザーの二つ折り財布の画像

サイズ 95 × 118 mm 厚さ42mm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 5個
フリーポケット 3個
素材 外装:アメリカ牛革(イングリッシュブライドル)
内装:アメリカ牛革(イングリッシュブライドル)
生産国 日本
価格 29,000円(税抜)

ズボンの後ろポケットにすっぽり入るサイズ感の二つ折り財布。

ワイルドスワンズの新しい定番素材「イングリッシュブライドルレザー」を使用しており、シンプルな見た目からは想像できないほど細かな気遣いが多いんですよ。

カード入れの裏側には「あおりポケット」いうカードを挟んで収納出来るようになっていてカードの枚数も記載されている枚数以上に入る仕様です。

また、コインポケットの裏側にも隠しポケット、札入れにも使いやすい仕切りが。本当に考えられてますね。

この長財布タイプは、スーツのポケットにも収納できるスマートな使用となっていますよ。

 

TONGUE (タング)コインケース

ワイルドスワンズの小銭入れの画像

サイズ 78 × 106 mm 厚さ19mm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 1個
素材 外装:アメリカ馬革(シェルコードバン)
内装:ベルギー牛革(サドルプルアップ)
生産国 日本
価格 25,000円(税抜)

ワイルドスワンズのコインケースといえばこの「タング」。

この見た目で、お札とカードも収納できるのは凄いですよね。

ホーウィン社という世界でも最高峰のシェルコードバンを使用しているので、重厚感が半端ないです。

タングシーリズもイングリッシュブライドルやクロコダイルなど様々な革で販売していますが、光沢やさわり心地が段違いなので小銭入れはコードバンをオススメしたいですね。

 

まとめ

長年使ってほしいからしっかりと仕上げて、アフターサービスも充実させたワイルドスワンズ。

ワイルドでタフな印象の裏側には、とても繊細な技術と製作者の想いが盛り込まれた財布。

一緒に歩んでいきたくなる最高の財布になること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です