【徹底解説】YUHAKUのコードバン革財布はかなりスゴイぞっ!

yuhakuのコードバンの画像

YUHAKUのコードバンは他のブランドのコードバンと比べると、色の表現がとてもキレイで惚れ惚れとしてしまいます。

奥行きのある透明感が魅力のコードバンを、独自のグラデーション加工で仕上げた垂涎の品。

こんなん見せられた日には物欲の神様が財布の紐を緩めてしまいます。ボーナス前の身にはつらい。

でも、「一生モノだよ」って耳元で囁かれたら・・・!

というわけで、今回はそんなYUHAKUのコードバンシリーズを徹底解説していきたいと思います。

YUHAKUの公式サイトはこちら 

 

yuhakuの革財布の画像 【すごい10選!】YUHAKUのおすすめ財布をシリーズ別で一挙紹介しちゃいますね!

YUHAKU(ユハク)のコードバン

yuhakuのコードバンの財布

デザインと機能性どちらも優れ、海外からも高評価を受けているYUHAKU(ユハク)の製品。

そして、そんなYUHAKUの作るコードバンはメチャクチャ出来がいいんです。

YUHAKUの代名詞ともいえるグラデーションカラーが最高にカッコいいんです。

 

レーデルオガワの革を使ってるよ

YUHAKUのコードバン

YUHAKUのコードバンに使っている革は、日本で屈指のタンナー「レーデルオガワ」の水染めコードバンを使用しています。

レーデルオガワはコードバンの仕上げと染色を行うタンナーさんです。

新喜皮革から鞣された状態の革を仕入れて選別し、独自の染色技術で鮮やかなコードバンへと仕上げています。

コードバンが好きなら誰しも1度は目にする「レーデルオガワ」。

日本で最高級の水染めコードバンを使用しているYUHAKUの財布。

これからさらに詳しく説明していきますが、全部読んだ頃には欲しくてたまらなくなってると思いますよ。笑

 

YUHAKUのコードバンは全部で2シリーズ

yuhakuのdiamantとdumond

YUHAKUが出しているコードバンシリーズは全部で2種類。

  • Diamantシリーズ(内装に牛革を使用)
  • Du Mondeシリーズ(両面コードバン仕様)

上記2つがコードバンを全面に使用したシリーズです。

これらの違いは、内装の革と色合い。使用しているコードバンのグレードはどちらも同じランク。

あとは、コードバンの使用量に応じて値段が変わってきます。

両面コードバンのほうが素材費用が高いぶん、コストが上がりますね。

 

YUHAKUのコードバンシリーズのおすすめ紹介!

もうどれもめちゃくちゃカッコいいんで、眺めているだけでも幸せになれます。

グラデーションカラーはいくつかバリエーションがあるので、公式サイトを覗いてみるのも楽しいですよ

 

YFC114 ラウンドファスナーウォレット(Diamantシリーズ)

yuhakuのラウンドファスナー長財布yfc114

サイズ 横198 × 縦95 × 厚さ22 (mm)
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 12個
フリーポケット 2個
素材 コードヴァン × 国産牛革
重さ 約177g 
価格 69,120円(税込)

まずはラウンドファスナーから紹介していきます。

現在、YUHAKUが出しているラウンドファスナータイプのコードバンはDiamantシリーズのこの財布だけです。

紙幣が50枚も入るという文句のない収納力に対して、厚さ22mmという薄さはYUHAKUならでは!

レーデルオガワの水染めとYUHAKUの手染め技術の組み合わせが最高の色合いを見せてくれていますよね。

コードバンを全力で楽しみたい方はこの財布が良いと思います!

⇒ラウンドファスナーウォレットを見てみる

 

YAC113 長財布(Du Mondeシリーズ)

yuhakuの長財布yac113

サイズ 横188 × 縦92 × 厚さ24 (mm)
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 10個
フリーポケット 5個
素材 コードヴァン × 国産牛革
重さ 約177g 
価格 74,520円(税込)

Du Mondeシリーズの二つ折り長財布。

二つ折りの長財布はDu Mondeシリーズでしか販売していません。

内装に布地を使わず、総革となっているのがコードバン好きにはとても嬉しい仕様ですよね。

コードバンのもつ光沢と、YUHAKUでしか出せないグラデーションの色味が最高ですね。

カードポケットやファスナーにも一工夫されているので、使い心地も抜群です。

⇒を見てみる

 

YFC111 束入れ(Diamantシリーズ)

yuhakuの長財布yfc111

サイズ 横190 × 縦98 × 厚さ10 (mm) 
札入れ 2個
小銭入れ 0個
カードポケット 12個
フリーポケット 5個
素材 コードヴァン × キップスキン
重さ 約115g 
価格 58,320円(税込)

小銭入れのない束入れ。

コードバンは水やキズにとても弱いので、小銭を毎日出し入れする財布として使うには扱いがとてもむずかしい革なんですよね。

そう考えると、キレイにエイジングさせて大切に使いたい方には束入れが良いんですよ。

紙幣は40枚程度収納可能で、カードは片側6枚で12枚収納できます。

この左右対称のデザインがカッコいいですね。

後ほど紹介するような小銭入れと併用するのもオシャレですよ。

⇒を見てみる

 

YFC131 二つ折り財布(Diamantシリーズ)

yuhakuの二つ折り財布yfc131

サイズ 横110 × 縦90 × 厚さ25 (mm)
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 12個
フリーポケット 6個
素材 コードヴァン × キップスキン
重さ 約100g 
価格 48,600円(税込)

二つ折り財布はDiamantシリーズとDu Mondeシリーズ、両方から販売されていますので見比べてみましょう!

まずはDiamantシリーズの二つ折り財布。

こちらはコードバンとキップスキンレザー(仔牛の革)を使っています。

内装とコードバンのコントラストが美しいですデザインですね。

コインポケットは笹マチになっていて、見やすく取り出しやすい設計になっています。

⇒を見てみる

 

YAC132 二つ折り財布(Du Mondeシリーズ)

yuhakuの二つ折り財布yac132

サイズ 横115 × 縦90 × 厚さ25 (mm)
札入れ 2個
小銭入れ 1個(仕切り付き)
カードポケット 3個
フリーポケット 3個
素材 コードヴァン × 国産牛革
重さ 約105g 
価格 47,520円(税込)

こちらがDu Mondeシリーズの二つ折り財布です。

大きく違うのは内装で、全面でYUHAKUカラーが楽しむことが出来ますね。

値段はこちらの方が若干安くなっています。

キップスキンではないからというのが大きな理由だと思いますが、使いやすさやデザインはほとんど変わらないので見た目の好みで選んだほうが良さそうですね。

⇒を見てみる

 

YAC152 コインケース(Du Mondeシリーズ)

yuhakuのコインケースyac152

サイズ 横97 × 縦65 × 厚さ20 (mm)
小銭入れ 1個
カードポケット 2個
素材 コードヴァン × 国産牛革
重さ 約44g
価格 23,760円(税込)

Du Mondeシリーズの小銭入れ。

同じシリーズの二つ折り財布をそのままコインケースにしたようなデザインで、内装も総革仕様となっています。

カードポケットには折ったお札も入り、ボックスタイプなので中のコインが一目瞭然。

なにかと使い勝手のよいコインケースとなっています。

⇒を見てみる

 

YFC152 コインケース(Diamantシリーズ)

yuhakuのコインケースyfc152

サイズ 横95 × 縦60 × 厚さ20 (mm)
小銭入れ 1個
素材 コードヴァン × キップスキン
重さ 約35g 
価格 23,760円(税込)

Diamantシリーズにも小銭入れがあるので参考までに載せておきます!

実はこの商品、現在在庫切れとなってしまっています。

どちらのシリーズもみてきたのですが、キップスキンを使用したDiamantシリーズが全体的に人気な印象ですね。

もし在庫をオンラインショップをのぞいた時に復活していたらかなりラッキーだと思います!

この他にもYUHAKUではコードバンの名刺入れや、ペンケースなんかも出しているので、気になる方はサイトをご覧ください。

⇒を見てみる

 

コードバンのエイジング

yuhakuのコードバンの画像

コードバンのエイジングは奥行きのある透明感を出してくれます。素晴らしい輝きに魅了されます。

この艶を出すためにコードバンを買うといっても過言ではないんですよね。

また、財布の曲げシワも牛革のものとは違い、細かいものはつきません。大きなシワだけになります。

しかし、しっかりとお手入れしなければすぐにキズやシミが付いてしまうので、キレイにエイジングさせるのは過酷です。

修羅の道を乗り越えて、自分だけのツヤッツヤに輝くコードバンを作れたときは感極まりますよ。

近い内に僕が使っているコードバンのエイジングレビューも書いていきますね。

 

YUHAKUのコードバンのお手入れ方法

コードバンのお手入れの画像

コードバンは扱いが難しい革と言われていますが、普段のお手入れはそこまで気を使わなくてもかまいません。

革が乾いたや、キズが目立ってきた時にクリームを塗って保湿してあげましょう。

ポイントとしては、できるだけ薄くクリームを塗って余分な水分を残さないことです。

 

コードバンに防水スプレーはかけてはダメ

これは大切にしようと思ってる人ほどやりがちなミスなんですね。

コードバンに防水スプレーをかけてもスプレーの効果が薄かったり、光沢がなくなってしまったりするようです。

じつはコードバンって革の表面を削り落としているため、起毛革に近い扱いになるんです。

防水スプレーのせいで寝かせていた起毛が立ってしまうことがあるため、不具合が起きやすくなってしまいます。

「どうしても防水したい!」という人は、オールデンから専用品が出てるのでそちらを使ってみてください。

 

キズやシミが付いてしまったら?

YUHAKUに限らずなんですが、コードバンはとっても繊細な革です。

とくに、水染めのコードバンは細心の注意を払わなければキズ・シミがすぐに付いてしまいます。

もし製品にキズが付いてしまったりシミが出来てしまったら、まずはYUHAKUの公式サイトで手入れ方法を確認しましょう。

YUHAKUはサポートが充実していて、自社製品のキズ・シミについて画像つきでメンテナンスの仕方を分かりやすく載せてくれています。

そこで対処出来ないキズであれば公式の修理に出すのが最善策だと思います。

▼コードバンについて詳しく書いてあるので参考にしてみてくださいー。

コードバンの財布の説明画像 【上級者向きの革】コードバンの特徴とエイジング、初心者が買ってはいけない理由を解説します

 

まとめ

yuhakuの財布

いかがだったでしょうか?

YUHAKUのコードバンは、ほかのブランドにはない色合いで海外でも人気があります。

今までになかったグラデーションカラーをコードバンで表現できているのは本当に凄いですよね。

みなさんもコードバンを手に入れようと思ったらYUHAKUを検討してみてはいかがでしょうか?

YUHAKUの公式サイトはこちら

 

yuhakuの革財布の画像 【すごい10選!】YUHAKUのおすすめ財布をシリーズ別で一挙紹介しちゃいますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です