【ココマイスター人気No1!】ブライドルシリーズの財布を分かりやすく解説します!

ココマイスターのブライドルシリーズの画像

「ブライドルレザーの財布が欲しい!」

そう思ったら、ココマイスターのブライドルシリーズは必ず一度はチェックしたほうがいいです!

革小物の中でもブライドルレザーって、ブランドごとの差がすごく出ますから。

そして、ココマイスターは日本で作られてるので最低ラインは確実にクリアされています。

さらにいうと、ココマイスターが販売している数あるシリーズの中でもブライドルシリーズは人気ナンバーワン!なんですよね

まー、そうはいっても種類がたくさんある中から選んでいると頭が痛くなってくるのはわかります。

「どれがいいの?」

「何を買えば間違いないの?」

という意見にはものすごく同意します。

そこで今回は、ココマイスターのブライドルシリーズの選び方から詳細までを徹底的に解説していきましょう!

ブライドルシリーズの詳細はこちら【公式】

 

ココマイスター「ブライドルシリーズ」の評価

ココマイスターブライドルシリーズ

ココマイスターが取り扱っているブライドルレザーウォレットは、他のブランドと比べて種類が多く、カラーバリエーションも豊富です。

あまり知られていませんが、ココマイスターは日本製なのと、革質の良さで、コスパでみると最強クラスなんです。

最強・・・なんですけど、買うのに迷う。マジで迷う。

で、種類が多いのは嬉しいけど、マジで選ぶのに苦労するんですよね。僕も買うときに1週間ぐらい悩みましたもん。

そんなわけで、最初はブライドルごとの違いから説明していきましょう。

僕がスパッとその迷いを絶ちます!

 

ブライドル・ジョージブライドル・ロンドンブライドルの違い

ココマイスターのブライドルシリーズ

もうね、ぶっちゃけココマイスターはブライドルレザーにかなり力をいれています。入れすぎっていってもいいぐらいです。

で、ブライドルレザーを使ったシリーズは今のところ3種類あります。

この3種類の大きな違いとしては、

  • 内装にヌメ革を使っている「ブライドルシリーズ」
  • 内装もブライドルを使っているのが「ジョージブライドルシリーズ」
  • 内装にマットーネを使用しているのが「ロンドンブライドルシリーズ」

と基本的に、外装はブライドルレザーで、内装に違う革が使われているんですよね。

内装それぞれの革に違う味わいがあるので、これがまた悩ましいんです。

ここを制すればココマイスターのブライドルシリーズは制覇したも同然です!

 

スタンダードが一番いい。ブライドルシリーズ

ブライドルシリーズの説明

正統派、スタンダードなブライドルシリーズは内装がヌメ革になっています。

僕が買ったのもこのシリーズ。

このヌメ革は汚れ止め加工などを一切していないので、革本来のバッチバチに飴色化したエイジングが見れて楽しいんですよね。

小銭入れの部分などは汚れが付きやすくなりますが、それもまたアジとして良き雰囲気を出してくれます。

ブライドルシリーズで一番人気なのも納得です。

迷ったらコレ。本当にコレ。

この記事の最後の方で個別に紹介しています。そちらも参考にしてみてください。

ブライドルシリーズを見てみる

 

ブライドル×ブライドルがカッコいい!ジョージブライドル

ジョージブライドルとは

外装も内装もブライドルレザーを使用した「ジョージブライドルシリーズ」。

3種類の中で最も重厚感があり、堅牢さも一番のハードコアシリーズ。

内装を同じ質感・色で揃えられるため、見た目がクッソカッコいいです。

両面ブライドルにするとコバを仕上げるのが難しいんですが、コバまで丁寧に仕上げらているんですよね。存在感が違います。

ブライドルレザーを愛してやまない方にはもってこいです。

あと革の手入れなんてしょっちゅうやらないぜ!っていうワイルドな人にもオススメ。

ジョージブライドルを見てみる

 

ロンドンブライドルは革の欲張りセット!

ロンドンブライドルウォレットとは

ロンドンブライドルシリーズの内装には、イタリアの「マットーネレザー」を使用しています。

型押しされたイタリアンカーフをバケッタ製法で鞣した革。

「バケッタ製法?はぁ?」みたいな、よくわかんない人は、「高級な色付きのヌメ革を使っている」と思ってください。

ナチュラルカラーのヌメ革と違って、こちらは革に重厚感が出るので重めな印象になります。

ちなみに、ココマイスターではマットーネを外装に使用した「マットーネシリーズ」もあるんです。

そして、マットーネとブライドルはココマイスターで人気1位と2位の革です。

ブランドトップクラスで人気の革をセットで楽しみたい!という欲張りな人はロンドンブライドルにするべきです。

ロンドンブライドルを見てみる

 

ブライドルシリーズの財布

さて!最後はスタンダードなブライドルシリーズの革財布たちを紹介して終わりにしたいと思います。

内装のヌメ革は、定期的にオイルを塗って日光浴させることで素晴らしい飴色へ進化しますよ。

手垢をつけたくない人は防水スプレーを一緒に買ってくださいね。

 

1, ブライドル・グランドウォレット

ブライドルグランドウォレット ブライドルグランドウォレットの内装

サイズ 19.5×10cm 厚さ2.3cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 8個
フリーポケット 2個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約190g
価格 32,800円(税込)

ラウンドファスナー付きの一番スタンダードなブライドルレザーウォレットです。

堅牢なブライドルレザーは男らしさの象徴です。ビジネスシーンでも堂々と使えます。

また、内装もシンプルでとても使いやすいのが素晴らしいです。

この仕上がりでこの価格は正直いって、かなりお得でしょう。

グランドウォレットを見てみる

 

2, ブライドル・インペリアルウォレット

ココマイスターブライドルシリーズのインペリアルウォレット ココマイスターのブライドルシリーズの馬蹄形コインケース

サイズ 9.3×19.1cm 厚さ2.6cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 13個
フリーポケット 4個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約170g
価格 31,500円(税込)

二つ折り長財布で収納力が欲しい方はこちらがおすすめです。

後述するアルフレートウォレットの違いは「通しマチ」であるということ。

通しマチは、お札入れの部分の底が広がるマチ構造になっていて、とにかくお札がたくさん入ります。

また、一般的な財布で使われている「笹マチ」とは違って、札入れ部分が大きく開くため使いやすいです。

ブライドルレザー長財布の中では、このインペリアルウォレットが一番人気なんですよね。

インペリアルウォレットを見てみる

 

3, ブライドル・アルフレートウォレット

ブライドルアルフレートウォレット ココマイスターブライドルシリーズのアルフレート長財布の内装

サイズ 9.5×19.2cm 厚さ2cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 11個
フリーポケット 3個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約135g
価格 31,500円(税込)

「長財布はとにかく薄いほうが良い!」という方にはアルフレートウォレットなんてどうでしょう。

先ほど紹介した「通しマチ」ではなく、薄く作れる「笹マチ」を採用しているぶん、薄くなっています。

また、使っている素材の量が減った分、若干ですが軽くなっているのも見逃せません。

スーツの内ポケットに入れるならコッチの財布ですね。

できるだけスマートに持ちたいならこの財布がおすすめですよ。

アルフレートウォレットを見てみる

 

4, ブライドル・ブレンデルウォレット

ココマイスターブライドルシリーズのブレンデルウォレットの長財布 ブライドルブレンデルウォレットの内装

サイズ 9.1×18.5cm 厚さ2cm
札入れ 1個
小銭入れ なし
カードポケット 6個
フリーポケット 3個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約104g
価格 28,000円(税込)

小銭入れの無いタイプの長財布を探しているならコレ。

いまの時代は小銭いらず、電子マネーがあれば生活できますもんね。

通しマチでお札はたくさん入るし、なおかつ小銭入れが無いぶんだけ薄いですし、こういう財布を待っていた人も多いのでは。

小銭入れやファスナーが無いということは、膨らみやファスナー跡がつかないのでエイジングもキレイになります。

この財布とセットで、べつのブライドルシリーズの小銭入れを使うのもオシャレです。妄想が止まりません!

ブレンデルウォレットを見てみる

 

5, ブライドル・インペリアルパース

ブライドルインペリアルパースウォレット ブライドルインペリアルパースの内装

サイズ 9×11.1cm 厚さ3cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 6個
フリーポケット 3個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約90g
価格 27,500円(税込)

ここからはブライドルレザーの二つ折り財布の紹介。

間仕切りがあって、お札入れが2つ付いているので使いやすさも申し分ないです。

僕も実際に使っていますが、困ることがありません。

3万円未満で買える二つ折り財布の中でも、ここまで洗練された財布はないと思います。

ブライドルレザーとヌメ革のコントラストを楽しめるのも二つ折り財布のメリットですよね。

インペリアルパースを見てみる

 

6, ブライドル・ブレンデルパース

ブライドルブレンデルウォレット ブライドルブレンデルパースの内装

サイズ 9.2×11.4cm 厚さ1.5cm
札入れ 2個
小銭入れ 無し
カードポケット 10個
フリーポケット 2個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約90g
価格 26,000円(税込)

インペリアルパースと違って、小銭入れが無いのがこの財布。

意外と小銭入れって厚みが出るので、無くなっただけで使いみちがめちゃ増えます。

厚さが半分で、カードは+4枚。これなら普通にカードケースとしても使えそうです。

コインケースと合わせて使うと毎日が楽しくなりそうで堪りませんね!

ブレンデルパースを見てみる

 

7, ブライドル・グランドコインパース

ブライドルグランドシリーズ

サイズ 7.2×11.4cm 厚さ1.8cm
マチ付きフリーポケット 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 2個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
重さ 約72g
価格 20,000円(税込)

ラウンドファスナーで小銭の飛び出しも安心!のコインパースがこちら。

使い方によっては小銭入れを2箇所にすることもできるので、硬貨を分けて入れることもできます。

リアルな知人で、この小銭入れをメインの財布にしている人もいるぐらい万能なんですよね。

ポケットに入れてガシガシ使ってエイジングさせてあげましょう!

一回使ったら便利さが病みつきになりますよ。

グランドコインパースを見てみる

 

8,ブライドル・馬蹄コインケース

ブライドル馬蹄形コインケース ココマイスターのブライドルシリーズの馬蹄形コインケース

サイズ 7.1×7.4cm 厚さ1.9cm
フリーポケット 1個
コインポケット 1個
素材 本体:ブライドルレザー
内装:フランス産カーフ(フォルスカーフ)
重さ 約32g
価格 20,000円(税込)

男だったら1度は憧れる馬蹄型のコインケース!

ブライドルレザーで馬蹄型っていうのが親近感というか感慨深いものがありますよね。

内装にはフランス産のカーフレザーを使用。この「革のこと全部分かってる感」がニクい!

小銭入れとしても片手にすっぽりと収まって使いやすいサイズ感。

じつは、ブライドルレザーのような高級皮革の馬蹄形はすごく人気がある反面、作れる職人が少ないという現実があります。

例によってこちらの商品も人気で、一度売り切れると再入荷の目処がたちません。

欲しいと思った時はお早めに。

馬蹄コインケースを見てみる

 

まとめ

ココマイスターブライドルシリーズ

いかがだったでしょうか!

ココマイスターの一番人気の「ブライドルシリーズ」。

長財布、二つ折り、小銭入れ無しといった感じで種類が多いので、自分の使い方にあった財布を選べるのがいいですよね。

ブライドルのお手入れやエイジングなどは別の記事に書いていますので読んでみてください!

ブライドルシリーズの詳細はこちら【公式】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です