【ブライドルレザーの基礎】革の特徴とエイジング・お手入れについて解説します!

ブライドルレザーの財布の画像

革の種類や製法ってたくさんあって、初めて革財布を買おうと思っている方は、

「なんの革を選んだらいいの?」って思う人が多いと思います。

そんな方にはブライドルレザーをぜひ知ってもらいたいです!

とにかく、ブライドルレザーはかっこよくて初心者にもオススメなんです。

そんなブライドルレザーの魅力を説明していきます。

 

そもそも「ブライドルレザー」って?

馬に乗った女性の画像

まずはブライドルレザーの初歩的なところから説明していきたいと思いますね。

ブライドルレザーは、イギリス発祥の革で1000年以上も前から作られている伝統的な革

ですが、ブライドルレザーが財布やカバンなどの小物に使われだしたのは10年ほど前なんです!

もともとは馬具だった「ブライドルレザー」

ブライドルは、英語で書くと「Bridle」。

これは馬の「手綱」や「くつわ」といった意味です。

その名の通りブライドルレザーは馬具に使用されている革なので、耐久性と耐水性が他の革と比べてもバツグンなんです!

ここ10年で流行りだした革ですが、ブライドルレザーの強度や独特の手触り、経年変化からとても人気の革となっています。

手触りの良さとエイジングがカッコいい!!

僕がブライドルレザーをオススメする一番の理由は「手触り」「エイジング」

あとで詳しく書きますが、一般的な革とは違い革の模様が無いんです。

触り心地はつるつるとして、なおかつブライドルレザー特有の経年変化が楽しめるんです。

ブライドルレザーの経年変化は、深みが増し、艶感が出るといった感じのエイジングをしていきます。

 

ブライドルレザーの作られ方

ブライドルレザーの革の画像

ブライドルレザーは、革を鞣(なめ)したあとに行う「加脂」というオイルを加える工程の前に、革の銀面(表面)を削っています。

表面を削ることでグリースが染み込みやすくなるんです。

その後「ブライドルグリース」と呼ばれる油脂を革に浸透させたものがブライドルレザーなんです。

タンナーによってブライドルグリースを浸透させる時間は変わってくるのですが、3ヶ月から長くて1年ほど。

ロウと油分が染み込ませることでこの手触りと強度をだしているんですね。

とても丈夫で貴重な革

先程ちょこっと書いたようにブライドルレザーは本来、強度を重視している革です。

使用されている革は、牛革の中でも背中や肩などの丈夫な部分の革。

銀面(革の表面)を残したまま鞣す「フルグレインブライドルレザー」という方法だと1年以上かかるんだとか!

伝統的な作り方をしているので、作るのにすごく時間がかかってしまう貴重な革なんです。

 

ブライドルレザーの主な特徴

ブライドルレザーの白い粉の画像

1.ブルームがついている

ブライドルレザーの表面には白い粉のようなものが付いています。

初めての方は「汚れかな?」と思いがちですが、これはレザーをなめす時に染み込んだロウと油分が浮き出てきているんですが、それをブルームと呼んでいます。

このブルームは毎日使っていると自然と消えていきますし、ふき取ることでも深い光沢が生まれます。

暑い時と寒い時でブルームの見え方が変わってくるのもブライドルレザーならではの特徴です。

手入れの仕方や季節によって革の持つ表情が変わるのがいいですよね!

2.表面がつるつるでシボがない

一般的な革は、「型押し」や「シボ」ついていることがありますが、ブライドルレザーは模様が付いていることはあまりありません。

シボというのは革の模様。一般的な革を想像してもらったら分かると思いますが、それが「シボ」ですね。

これは、革を鞣す段階でロウを浸透させやすくするように表面にバフがけをしているのでシボが出ないんだと思います。

このブライドルレザー特有の触り心地がたまらないんですよね。

ちなみに、型押しのブライドルレザーを取り扱ってるブランドもありますが圧倒的に少ないです。

僕の知っている限りではWhitehouse Coxくらいじゃないでしょうか?

 

コードバンとブライドルレザーの違い

ブライドルとコードバンの財布の画像

大前提として「ブライドルレザーは牛革、コードバンは馬革」です。

「元々は馬具に使われていた丈夫な革」というだけあって、馬革のコードバンと間違えられたりすることもチョコチョコあったりします。

見た目も手触りも似ているので革好きの人じゃないと分からないことがあるんですが、この2つには大きな違いがあるんですよね。

水に対する耐久力

馬革のコードバンと比べるとブライドルレザーは水に強いです!

コードバンは、雨などの水滴が少しでも当たると水ぶくれができてしまうすことがあります。

一方でブライドルレザーは革を作る段階でロウを染み込ませているため、革に水分が浸透しにくいですね。

すぐに拭き取ったら大丈夫なこともあります。

本来、革製品は水に弱いというのがセオリーですが、ブライドルレザーは他の革製品と比べると水に強い部類になります。

だからといって手入れをしなければ当然シミなどの原因になるので注意は必要です。笑

 

ブライドルレザーのお手入れ方法

ブライドルレザーのお手入れの画像

「ブライドルレザーは水に強い」といっても、それは新品の時が最大の状態。

ブライドルレザーは表面を削るという工程を加えているため、表面の油分やロウがなくなってしまうと、他の革よりも水に弱くなってしまいます。

さらに時間が経つにつれて油分や微量に残っていた水分が抜けて乾燥してきますので定期的なメンテナンスは必須だと思います。

僕は革財布の手入れ用クリームは「コロニルの1909シュプリームクリーム」をオススメしています。

ホコリをブラシで落として乾拭きをしてから、クリームを使います。

塗る時は薄く!

少しずつ様子を見ながら塗っていくのがいいでしょう。

専用のクリームもあるので自分が一番だと思うクリームを探すのも楽しいですよね!

ブルームは落さない方がいいの?

ブライドルレザーには特有の白い粉「ブルーム」が付いてると冒頭で書きましたよね。

革の種類によっては無い場合もあるんですが、このブルームは革の中にあるワックスが浮き出てきたものです。

「この白いのがいいんだ!」という人以外は、ブルームは最初に磨いて取ってしまった方がいいと思います。

理由としては大きく2つ

  • スーツや服に付いたら落とすのが大変
  • 防水スプレーをする時に皮膜ができてしまう

ブルームはロウなので撥水効果はありますが、しっかりと防水スプレーでメンテナンスしたい方はブルームは落としましょう。

この2つが気にならない方なら、1ヶ月程使っていれば自然にブルームは落ちていきますので、ブルームが付いた状態を楽しんだあとに、メンテナンスの時に落とすというのもいいかもしれませんね!

ブルームは柔らかい布で優しく拭くだけすごく簡単に落ちます。

ただし、ブルームは一度落としてしまうと復活しないので注意してください。

 

ブライドルレザーのエイジング(経年変化)

ブライドルレザーのエイジング画像

ブライドルレザーは基本的にはヌメ革と同じ「タンニンなめし」の革です。

ヌメ革と違って革が硬いので馴染むまでに時間はかかりますが、しっかりとエイジングします。

表面がツルツルの革なので、ツヤ感が出て深みが増していきます。

ヌメ革とはまた違った経年変化が楽しめるので、楽しいと思いますよ!

 

ブライドルレザー財布を作っているブランドは?ブライドルレザーの画像

ブライドルレザーは加工が難しいので、日本で作っているブランドは限られてきます。

  • ココマイスター
  • 土屋鞄
  • 万双
  • GANZO

日本だと、この4社が有名かなと思います。

またイギリスでは、

  • Whitehouse Cox
  • エッティンガー
  • グレンロイヤル

この3社が有名ですね。

 

ブライドルレザーまとめブライドルレザーの画像

いかがだったでしょうか?

この記事を読んで、ブライドルレザーについて少しでも分かって頂けたら嬉しいです!

  • イギリス発祥で元は馬具で使う革だった
  • 表面を削って専用のロウや油を染み込ませている
  • 白い粉ブルームが出る
  • 革が固く強度がある
  • 経年変化もゆっくりで長く使える

ブライドルレザーに関してはこの辺を覚えておけばいいと思います。

革財布初心者の方には手入れも比較的かんたんでタフな財布なので、初めの1つにピッタリですね。