GANZO(ガンゾ)って本当に高品質なの? 財布とレビューを徹底解説

GANZOのコードバンの財布の画像

「ユーザーの手によって、時間とともに”世界最高”の財布を完成させる」というコンセプトを掲げ、最高級の植物タンニンなめしのヌメ革で財布をつくりあげているGANZO。

洗練された設計と細部までこだわった縫製技術とコバの仕上がりは、日本でもトップクラスのブランドです。

そんなGANZOについて今回は詳しく説明していきますね。

GANZOの公式サイトはこちら

 

ficoの革財布の画像 Ficoの財布の真相に迫る!リーズナブルなのに実は凄いブランドだった!?

GANZO(ガンゾ)ってどんなブランドなの?

GANZO表参道店の財布の画像

そもそもGANZOってどんなブランドなの?ってところから説明していきますね。

サクッと分かりやすく説明すると、

  • 1999年に立ち上げられたブランドだよ
  • 最高級の革素材から、妥協なく作り上げている
  • もちろん職人の腕も最高級
  • 立ち上げたのはなんと「AJIOKA.」

こんな感じです。

1999年に創業なんて最近じゃん!と思うかもしれませんが、ブランドの親会社であるAJIOKA.は老舗中の老舗。

GANZOを語るにはAJIOKA.を知ればいいっていうぐらいなので、AJIOKA.についても後で説明しますね。

 

GANZOの特徴

GANZOの財布の縫製の画像

革業界の老舗AJIOKA.が、1999年に満を持して立ち上げたブランド「GANZO」。

企画、革選び、縫製技術、コバ仕上げ。もう何もいうことはありませんよね。

数々のハイブランド商品を取り扱ってきた知識とノウハウ、100年以上に渡って受け継がれてきた技術の集大成がGANZOに詰め込まれているわけですよ。

 

ヌメ革と経年変化にこだわったブランド

ガンゾで取り扱っている天然ヌメ革

「ユーザーがエイジングさせて初めて完成する財布」を目指しているからこそ、GANZOはとくにヌメ革にこだわっています。

GANZOでは、主にヨーロッパ原皮のヌメ革をメインに商品を作っています。

経年変化前の楽しみはもちろん、変化後の風合いまでも計算し尽くして作られたGANZOの財布。

世界でひとつだけの最高の品を育てているという感覚がたまりません。

エイジングの画像もGANZOの公式ホームページで確認できますよ。

GANZOのエイジングを見てみる

 

AJIOKA.がそもそもヤバい!

GANZOのバッグの画像

AJIOKA.は創業100年を超える老舗の中の老舗。

なんと創立は1917年(大正6年)です。「味岡順太郎商店」として東京に設立した皮革小物販売店が、名前を変えて今も受け継がれているね。

大正6年ですよ!ワシントン会議よりも前なんです。笑

100年以上も続いている歴史ある会社なのに、なぜ名前を聞いたことすらない人が多いのか。

その秘密はOEMにあるんです。

 

世界でも有名なブランドのOEM商品を製造しているよ

  • イヴ・サンローラン
  • ジバンシー
  • コムサ デ モード
  • クロエ

ほかにもまだまだありますが、世界でも有名なブランドとのライセンス契約を次々に獲得し、OEMを行っているのがAJIOKA.なんです。

OEMを簡単に説明すると、ライセンス契約したブランドに商品を頼まれて、そのブランドロゴを入れて生産しているということ。

つまり上記のブランドがAJIOKA.を認めて、生産を依頼しているということなんです。こういう背景があって、AJIOKA.の名前は知る人ぞ知る老舗となりました。

もしかしたら、どこかで製品を目にしたことがあるかもしれませんよね。笑

あまりブランドにとらわれるのは好きではありませんが、ここまで信頼されて100年以上続いている会社だったら安心感と信頼感が格段に上がりますね。

 

GANZOのおすすめメンズ財布紹介

ここからはガンゾの財布を紹介していきます。

やはり、コードバンとブライドルレザーはGANZOを代表するだけあって人気ですね。

価格帯は4万円からと高級なだけあって値段は張りますが、手入れをすることでいつまでも長く使うことが出来ますよ。

 

GANZO シェルコードバン2

GANZOのシェルコードバンの財布の画像

サイズ 約 9.7 × 19.5cm  奥行 2cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カード入れ 12個
フリーポケット 2個
素材 シェルコードバン/ヌメ革
製造 日本製
価格 187,000円

世界最高峰のホーウィン社のシェルコードバンを内装にも使用したシリーズです。

文句の付けようがない出来栄えなので何を書いて良いのか分かりません。笑

コバ、縫製、ファスナーなど、細かいところまで手を抜かずに作られた一級品です。

革マニアの憧れ総シェルコードバン。一度でいいから手にしてみたいですね。

シェルコードバンシリーズを見てみる

 

GANZO コードバン 通しマチ 長財布(束入れ)

GANZOのコードバンの長財布の画像

サイズ 約 9.2 × 19.0cm  奥行 1.7cm
札入れ 1個
小銭入れ なし
カード入れ 8個
素材 馬革(コードバン) × 牛革ヌメ
製造 日本製
価格 42,900円

風合い豊かな水染めコードバンです。これもカッコいい!

小銭入れの無い、お札とカードだけを入れるタイプの財布です。

内装のヌメ革をみても妥協ひとつ感じられません。これは本当にエイジングが楽しみになります。

小銭入れ付きの長財布が欲しいという方は5万円台で販売していますのでチェックしてみてください。

※コードバンは水や汚れに弱いので、より大切に扱いたい人にはブライドルシリーズのほうが良いかもです。

コードバンシリーズを見てみる

 

GANZO シンブライドル 長財布

GANZOのシンブライドルの長財布の画像

サイズ 約 9.2 × 19.0cm  厚さ 2cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カード入れ 12個
内ポケット 2個
素材 外装:イギリス産 ブライドルレザー
内装:イタリア産 ミネルバボックス
製造 日本製
価格 42,900円

シンブライドルシリーズも本当にうっとりしてしまう出来栄えですねー。

ちょっと値段が張りますが、ひとつ買ったら一生使えるレベルだと考えると思ったよりも安いのでは。

外装はイギリスのセジュイック社のブライドルレザー。

内装はイタリアのバダラッシカルロ社のミネルバボックスを使用した贅沢な財布は外と中でエイジングが楽しめてダブルでお得!笑

財布を開いた時に見えるGANZOの刻印は二つ折りだから映えるんですよね。

人に自慢したくなる財布です。

シンブライドルシリーズを見てみる

 

GANZO×DUPUY(デュプイ)のGDシリーズ

GANZOがデュプイ社とコラボしたGDの財布の画像

サイズ 約 9.0 × 18.0cm  厚さ 2.5cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カード入れ 5個
内ポケット 5個
素材 型押しカーフ
製造 日本製
価格 42,900円

こちらはGANZOでは珍しいシリーズ。

GDシリーズは、世界でも名高いボックスカーフ専門タンナーの最高峰「デュプイ社」のクロム鞣し革を使用しています。

カントリーカーフと呼ばれる、特徴的な型押しとワックスで仕上げたこの財布はヌメ革とは違った高級感がありますよね。

マットな質感がたまらない最高の逸品です。

内装も外装と同じレザーを使用していて、小銭入れの部分は布地を使っているんですがこの色がヤバい。

ちらっと見える裏地が本当にあざやかな色で、ひと目見ただけで惹きつけられるデザインですね。

GDシリーズを見てみる

 

GANZOの店舗情報

革小物ブランドGANZO大阪店の外観の画像

GANZOの直営店は日本全国に3店舗。

  • GANZO表参道店(本店)
  • GANZO六本木店
  • GANZO大阪店

その他の出店・販売店は、大丸や伊勢丹、高島屋、三越、阪急など、全国の百貨店33店舗にて販売しています。

こんなに良い財布を作っているんだから、どうせなら本店に行って色んな財布をじっくりと見たくなりますよね。笑

なかなか東京に行くことができない立場からすれば、関東圏の方が羨ましいです。

GANZOはオンラインショップでも販売しているので近くにGANZOの販売店が無い方はそちらをごらんください。

GANZOの公式サイトはこちら

 

まとめ

革小物ブランドGANZO表参道店の財布の画像

GANZOの財布は本当に質がいいんですよ。

厳選した革を日本でしっかりと縫製していて、見ていて気持ちがいいです。

コバの仕上がりも申し分ないですし、色合いも日本の財布メーカーの上位だといわれるだけのことはあります。

海外のハイブランドは嫌だけど、できの良い高級な財布が欲しいという方にはピッタリのブランドですよ。

GANZOの公式サイトはこちら

 

ficoの革財布の画像 Ficoの財布の真相に迫る!リーズナブルなのに実は凄いブランドだった!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です