トレンドは太めのイントレチャート!?「ボッテガ・ヴェネタ」の人気財布を紹介!

ボッテガヴェネタのラウンドファスナー長財布

ボッテガ・ヴェネタは1966年にイタリアのヴェネト州で創業した高級ラグジュアリーブランド。

特徴的なイントレチャート(編み込みレザー)はボッテガを代表する、大人っぽくて高級感のあるデザインとして人気があります。

シンプルなのに、遠くから一目見てわかるのもボッテガの魅力でしょう。

一時期は大流行してみんな持っていましたが、最近では流行も落ち着いてきてますね。

ということで今回は、ハイブランドの中でも上位、知らない人のいない「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」を紹介していきましょう。

 

ボッテガ・ヴェネタとは

ボッテガ・ヴェネタのイントレチャートの長財布

  • 1966年創業、イタリアの高級ラグジュアリーブランド
  • インチャートレザーが特徴だよ
  • グッチと同系列のブランドだよ

ボッテガ・ヴェネタは「ケリンググループ」というグループ会社に所属しています。

グッチやバレンシアガ、サンローランと同じグループに属している最高級ブランドなんですよ。

 

イントレチャートがカッコいい!

ボッテガ・ヴェネタのイントレチャート

ボッテガといえば「イントレチャート」を使った財布が人気ですよね。

イントレチャートとは編み込みレザーのことです。ボッテガのおかげで人気が出ました。

細長くした革をメッシュ状に編み込んだレザーは、特に30才以上のビジネスマンに人気ですね。

落ち着いた大人な印象を与えてくれますよ。

 

シーンを選ばずに使えるデザイン

ヴォッテガべネタのラウンドジップ財布

ボッテガの財布、特にイントレチャートはビジネスでもカジュアルでもシーンを選ばずに使えるのがいいですよね。

その理由としてはボッテガにはロゴマークが外装にないという点。

グッチやルイ・ヴィトンなど見ただけで分かるハイブランド違って、ボッテガはロゴに依存したハイブランドではないですからね。

ビジネスシーンでも使いやすく、スーツにも合わせやすいですよ。

 

ボッテガの代表的な素材

ボッテガ・ヴェネタのイントレチャート

 

ラムレザー

ラムレザーは子羊の革。

「革のシルク」と呼ばれ、柔らかくしなやかな美しい革です。

耐久力に難があり、手入れを怠るとボロボロになるのが難点ですが、その反面、繊細さがあって手に馴染みます。

最近では、カーフレザーとラムレザーの両方を使っている財布が多く、ラムレザーのみの財布というものは見かけませんね。

ハイブランドは定期的に新作が出ますので、そのうちオールラムレザーの財布も復活するかもしれませんね。

 

カーフレザー

カーフは生後6ヶ月以内の子牛の革。

通常使われている牛革よりも、毛穴も目立ちにくくキメの細かさが特徴的な革です。

とはいえ、生後6ヶ月の子牛は体が小さく1回で取れる革の量が少ないので高価なのです。

ボッテガの財布にはラムレザーがメインで使われていると書いているサイトも多いですが、それは昔の話。最近はカーフレザーが主流です。

 

ボッテガのイントレチャートの財布を紹介

一昔前のイントレチャートは編み込みが小さいものが主流だったのですが、最近では大きな編み込みが主流となっています。

編み込みを大きくしたことにより20代でもオシャレに使えるようなデザインになっていますよ。

ジップアラウンドウォレット

ボッテガ・ヴェネタのジップアラウンドウォレット

サイズ 10×19cm 奥行き2cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードケース 8個
コンパートメント 2個
素材 牛革(カーフ)
生産国 Made in Italy
価格 105,600円(税込)

レザーやファスナーなど、全体的にマットな質感のラウンドファスナーです。

高級車のシートのようでどこを見てもカッコいいんですよね。

内装のデザインはとてもシンプル。

カード入れの裏側にもフリーポケットが付いてますが、マチはありません。

あまり多くは収納せず、機能性よりもスタイリッシュに使いたい財布ですね。

同じデザインで、光沢のあるシリーズもありますよ。

https://www.bottegaveneta.com/jp/ラージ-ウォレット_cod46677770sa.html

 

コンチネンタルウォレット 長財布

ボッテガ・ヴェネタの長財布のコンチネンタルウォレット

サイズ 9.5×19cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードケース 10個
素材 牛革(カーフ)
生産国 Made in Italy
価格 101,200円(税込)

長財布もとても高級感がありますね。

ポイントは小銭入れの高さが一段下がってるということ。

ただ一段下がっているだけなんですが、これだけでファスナーが財布の外に出たりせず、使っていてアタリが付きにくいんですよ。

さすがハイブランド、細かいところまで考えられている財布だと思います。

https://www.bottegaveneta.com/jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_cod22007903ak.html

 

コインケース付き二つ折りウォレット

ボッテガ・ヴェネタの二つ折りウォレット

サイズ 9.5×11cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードケース 4個
コンパートメント 2個
素材 牛革 80% ・ 真鍮20%
生産国 Made in Italy
価格 61,600円(税込)

二つ折り財布もシンプルで使いやすい作りになっていますね。

スパッツォラートカーフという革で、表面に光沢を出すための塗料を施した革を手編みで仕上げています。

ボッテガで使われている光沢のある革はスパッツォラートカーフだと思っていいでしょう。

札入れが1つ、カードケースは4つとシンプルに使えて、コバもメッチャきれいなんですよね。

一般的な革よりもエイジングしにくいので、ポケットに入れて使いやすいと思います。

https://www.bottegaveneta.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_cod22008011cg.html

 

ジップアラウンドウォレット

ボッテガ・ヴェネタのジップアラウンドウォレット

サイズ 10×19cm 奥行き2cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードケース 8個
コンパートメント 2個
素材 羊革 50% / カーフ 50%
生産国 Made in Italy
価格 99,000円(税込)

もっと大きい編み込みがいい!という方は、こちらの財布はどうでしょう?

マキシイントレチャートと呼ばれる、大きい編み込みのラウンドウォレットです。

ここ数年で大きい編み込みが流行ってきたんですが、大きければ大きいほどスタイリッシュな感じがしますよね。

https://www.bottegaveneta.com/jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_cod22007956gb.html

 

ミニウォレット 三つ折り財布

ボッテガ・ヴェネタの三つ折りミニウォレット

サイズ 7×10cm 奥行き2.5cm
札入れ 1個
カードケース 6個
素材 牛革(カーフ)
生産国 Made in Italy
価格 60,500円(税込)

片手にすっぽり収まるサイズ感の三つ折り財布は、カードが6枚とお札が折らずに入ります。

小銭入れは背面に付いているので、カードが傷みにくいようになっていますよ。

bottegaveneta.com/jp/スモール-ウォレット_cod22007909bk.html

 

イントレチャート以外の財布

コンチネンタルウォレット 長財布

ボッテガ・ヴェネタのクロコダイルの長財布

サイズ 9.5×19cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードケース 10個
素材 クロコダイルレザー35%・羊革35%・牛革30%
生産国 Made in Italy
価格 561,000円(税込)

日本ではイリエワニが最高級とされていますので、アリゲーターは馴染みが無いかもしれませんね。

ハイブランドでは供給量を安定させなければならないため、希少なイリエワニよりもアリゲーターを使用することが多いんですよ。

「世界で一番使用されている高級ワニ革」なんて言われたりしています。

それにしてもロゴがファスナーの引き手にしかないハイブランドって凄いですよね。

この財布を見ただけでボッテガって分かる人はかなりのブランド好きですよ。笑

https://www.bottegaveneta.com/jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_cod22007901wl.html

 

ジップアラウンドウォレット

ボッテガ・ヴェネタのジップアラウンドウォレット

サイズ 10×19cm 奥行き2cm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードケース 8個
コンパートメント 2個
素材 牛革(カーフ)
生産国 Made in Italy
価格 94,600円(税込)

こちらは「パフォレーテッドカーフレザー」という、穴が開けられたカーフレザーですね。

カット部分から見える青のコントラストは、先程紹介したマキシイントレチャートをモチーフにしています。

この財布はビジネス向けというよりもカジュアルユース向けなので、20代にも人気がありそうなシリーズです。

https://www.bottegaveneta.com/jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_cod22005925ht.html

 

コンチネンタルウォレット(レディースウォレット)

ボッテガ・ヴェネタのレディースの長財布

サイズ 18.8×9.9cm 奥行き2.5cm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードケース 8個
コンパートメント 1個
素材 羊革40%・牛革(カーフ)40%・真鍮20%
生産国 Made in Italy
価格 94,600円(税込)

このレディースウォレットは、かぶせの形がバイカラーの形と同じ角度にデザインされていますね。

内装にも斜めにカットされたカードポケット。すっごく考えて作られています。

ちなみにレディースウォレットには、ボッテガのロゴが入っていますよ。

https://www.bottegaveneta.com/jp/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_cod22007829ej.html

 

イントレチャートのエイジング・お手入れは?

ボッテガ・ヴェネタの財布のお手入れ

ボッテガのイントレチャートはクロムなめし・顔料染めのものがほとんどなので、タンニンなめし・アニリン染めのようなエイジングは期待できません。

しかしその分、高級感を保ったまま使用することができますよ。

イントレチャートは編み込みなので、使っていくうちに隙間にホコリなどが入ってしまいます。

馬毛ブラシを使い、定期的にホコリを取り除いてあげるといいでしょう。

クリームによるお手入れもほとんど必要ないです。

気になる方は、たまに専用のクリームなどを塗ってあげるといいと思いますよ。

 

まとめ

ボッテガ・ヴェネタの店舗

グッチやバレンシアガと並ぶ高級ブランド「ボッテガ・ヴェネタ」。

30代〜40代がメインユーザーだと思っていましたが、最近では20代にも人気があるようです。

とくに、幅の広いマキシイントレチャートがカッコいいですよねー。

ハイブランドなので値段が張りますが、知名度も高く、持っているだけでモテそうですね。