日本が認めた革工房!ソメスサドルの革財布と店舗を徹底紹介!

ソメスサドルの革財布の画像

日本の革工房の話をするなら「ソメスサドル」は欠かしてはいけない存在です。

  • 日本が認めた伝統ある馬具メーカー。
  • 完全ハンドメイドでひとつひとつ丁寧に作られている。
  • 各国首脳にプレゼントされるほどだよ。

創業から50年、馬具作りで培ってきた技術とノウハウを活かして作られる革小物は折り紙付き。

平成天皇にも納入されたこともあり、海外の首脳にもプレゼント出来るほどの革製品なんです。

今回はそんなソメスサドルについて紹介していきます。

 

ソメスサドル(SOMES)ってどんなブランド?

ソメスサドルの砂川ファクトリーの画像

ソメスサドルは1964年に北海道砂川市で生まれた馬具メーカーです。

北海道では明治以降も開拓や農耕に馬を使っていました。

ばんえい競馬でもソリを引いて競う形態の競争を行っていますよね。

それくらい北海道と馬は切り離せない関係でした。

今では国内だけではなく、海外の馬具も手掛ける馬具メーカーとして技術を磨いてきたソメスサドル。

ソメスサドルが作る革小物は、確かな技術と信頼によって人気となり、「SOMES(ソメス)」としてのブランドが確立されたのです。

 

ソメスサドルは日本のエルメスだ!

馬具メーカーがブランドを立ち上げたと聞いたら、真っ先に思い出すのが「エルメス」ですよね。

ソメスサドルは日本のエルメスと呼ばれることもしばしば。

そもそも馬具というのは、革にとても負荷がかかるため、しなやかでありながら頑丈でなければなりません。

人の命を預かる道具と言っても過言ではない馬具作りで培ってきたノウハウと技術は、しっかりと革小物にも受け継がれています。

 

ソメスサドルのこだわり

ソメスサドルの縫製の画像

何が凄いって、ソメスサドルは創業からずーっと変わらず完全ハンドメイドなんですよね。

ユーザーに長く愛される商品を作るために、企画、製造、販売、修理まで一貫して自社で行っています。

自分たちで企画したコンセプトをしっかりと貫くので、素材を見極めて加工することができるんですね。

たとえば革を裁断するときもただ裁断するのではなくて、どの場所をどの向きで裁断するかをコンセプトにあわせて革の特徴を見定めて作っています。

アフターサービスもただ修理するだけではなく、ユーザーの声を聞いてしっかりと次の企画と製造に活かす。

それもこれも、総勢97名の社員さんが近くで情報を共有し、完全ハンドメイドで作製しているから出来ることなんですよね。

ソメスサドルは進化が止まらないんです。

 

日本が世界に誇れるブランドだよ

ソメスサドルのボストンバッグの画像

完全にハンドメイドなので生産量が限られ直営店も少ないので、ソメスサドルは知る人ぞ知るブランドとなっていますね。

しかし、ソメスサドルの偉業は世界でも評価をされているんです。

1989年、平成天皇即位の大礼でソメスサドルは馬車具を一式を納入。

さらに、2008年に開催された北海道洞爺湖サミットでは、各国の首脳に記念品としてソメスサドルのダレスバッグとボストンバッグが贈られました。

本当の意味で和製エルメスとなる日も近いかもしれませんね。

 

ソメスサドルのオススメ財布

ソメスサドル ジービー(GB) ラウンド長財布(束入れ)

ソメスサドルのラウンドファスナー長財布の画像

サイズ 190 × 105 mm 厚さ21mm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 15個
フリーポケット 3個
素材 ブライドルレザー/バッファロー
生産国 日本
価格 28,080円(税込)

馬具といえばブライドルレザー!ということで、真っ先にブライドルレザーのBGシリーズから紹介していきますよ。笑

外装のブライドルレザーはソメスサドルが厳選したヨーロッパ製のブライドルレザーを使用しています。

180度開くラウンド長財布なのでカードや小銭が取り出しやすくなっていますね。

パスポートもすっぽりと収まりそうなサイズなので、大容量で重厚感もありますね。

カラーバリエーションは、ブラック、ヘーゼル、ネイビーの3種類。

どのカラーも落ち着いた雰囲気が魅力的なシリーズとなっています。

 

ソメスサドル ディアマン (コードバン) 長財布(束入れ)

ソメスサドルのディアマン長財布の画像

サイズ 190 × 95 mm 厚さ15mm
札入れ 1個
小銭入れ 1個
カードポケット 16個
フリーポケット 3個
素材 オイルコードバン/カーフ
生産国 日本
価格 54,000円(税込)

馬といえばコードバン!ということで、お次はコードバンの紹介もしちゃいますよ。笑

ソメスサドルのメンズ財布は基本的にはかなりシンプルな作りになっています。

オイルコードバンは鞣しの段階でオイルをたっぷりと含ませてから染め上げているコードバンです。

グラデーションのような独特の色ムラが出る発色で、オイルを含んでいる分普通のコードバンよりかは水に強いという性質を持ちます。

 

ソメスサドル フィル 二つ折り財布

ソメスサドルの二つ折り財布FELLの画像

サイズ 110 × 100 mm 厚さ25mm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 10個
フリーポケット 3個
素材 カーフスキンレザー
生産国 日本
価格 32,400円(税込)

フランス産のカーフスキンレザーを使用した財布。

カーフというのは生後6ヶ月以内の仔牛の革のことですね。

キメが細かく柔らかいという特徴を持っていて、比較的貴重な革ですね。

ソメスサドルの技術はやはり凄い。

柔らかい革は菊寄せやヘリ返しなどが荒ければ一気に安っぽくなるんですが、丁寧に仕事をしているなと感心します。

デザイン的が少し変わっています。

カードポケットが1枚多いデザインで、開いてみると三つ折り財布のような形状になっています。

よく使う財布は手前に、大事な財布は奥側にといった感じの使い分けをすると便利そうですね。

 

ソメスサドル バスチャー LF L字ファスナー長財布

ソメスサドルのL字ファスナー長財布の画像

サイズ 194 × 97 mm 厚さ27mm
札入れ 2個
小銭入れ 1個
カードポケット 12個
フリーポケット 0個
素材 イタリア産ベジタブルタンニンレザー
生産国 日本
価格 31,320円(税込)

ハンドストラップが付いていてとっても使いやすそうなL字ファスナーレザーですね。

イタリアの革は色がほんとにカッコいい!

さらにその革の発色を最大限に引き出しているのが、外装の縫製と内装のバイカラー。

ソメスサドルのセンスが光る逸品ですね。

キャメルやグリーンもカジュアルに使いこなせそうです。

 

ソメスサドルの店舗

ソメスサドルの千歳空港店の画像

ソメスサドルの直営店は全国に8店舗。

  • 砂川ファクトリーショップ(北海道)
  • 札幌店
  • 千歳空港店
  • 青山店
  • 銀座店
  • 大丸札幌店
  • 松屋銀座店

ちょっと調べてみたのですが、直営店は北海道と東京だけとなっています。

上記の店舗はあくまで直営店でソメスサドルの社員さんがいるので話が聞きやすい店舗です。

直営でなければ、

  • 松坂屋名古屋店
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ
  • 新潟伊勢丹

など名古屋や新潟などでも取り扱いされていたりします。

それでもまだ関西圏には届いてないですね。

でも大丈夫です、ソメスサドルはネットショップがあるので、欲しい方はネットショップを探してみるのが一番です。

 

まとめ

ソメスサドルの砂川ファクトリーの画像

というわけで、今回はソメスサドルについて紹介してきました。

パッとまとめてみるとこんな感じです。

  • 日本が認めた伝統ある北海道の馬具メーカー。
  • 完全ハンドメイドでひとつひとつ丁寧に作られている。
  • 各国首脳にプレゼントされるほどだよ。
  • 確かな品質だけど流通量は少ない

北海道に行くことがあれば工場見学もしたいんですよね。

流通量が少ないのは高品質なものを作り続けるために必要なことだと思うので仕方ないですね。

逆にレア度が上がっている感じがして、僕は好きです。笑

これからもドンドン進化していくブランドだと思うので注目ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です