コスパ最強の革財布ブランド!CYPRIS(キプリス)は最高品質で評判も良いよ!

CYPRISの革財布の画像

僕もね、いい財布って高いものだと思っていた時期がありました。

キプリスの財布を実際に見て、値段を知った時に「え!?このクオリティでこんなに安くていいの?」って驚愕したんですよ…

良い革を丁寧に仕上げてるからより高くなるんだという先入観が壊れた瞬間でしたね。

そんなコスパ最強の日本製革財布ブランド「キプリス」をご紹介します。

 

CYPRIS(キプリス)はメンズ財布が有名!

株式会社モルフォが展開しているブランドだよ

キプリスというブランドは、株式会社モルフォの展開しているブランドです。

僕はモルフォって聞いたら、モルフォ蝶やポケモンのモルフォンが出てきちゃうんですよね。笑

でもその蝶のモルフォで正解なんです。

モルフォ蝶の中にもたくさん種類がいるんですが、そのひとつが「キプリス」。

めちゃくちゃかっこいいですよね。

「一生愛せる、本質的価値のあるものづくり」を基本理念に、モルフォ蝶のように美しく輝けるようにという思いでつくられています。

 

キプリスの特徴

株式会社モルフォは「キプリス ウィメンズ」「ヘレナモルフォ」という他のブランドも展開しているのですが、その中でも主力になっているのが「キプリス」。

手頃な価格で高品質というブランドは革業界には少ないので「コスパの良い革財布が欲しい」と思ったらキプリス一択でいいでしょう。

品質の良さと技術の高さが認められて、全国の百貨店でも取り扱われているほどなんです。

 

キプリスの技術は日本一ぃぃぃ!

僕、普段は絶対に日本一なんて軽々しく発言しないんですよ。

それでも「キプリスは日本一の技術を持っている」という革財布ファンの口コミや評価が多いのも確かなんです。

日本皮革産業連合の主催する皮革技術の認定資格というものがあります。

その1級資格を持っているのは全国でも12人しかいません。

そして、7名もの職人の方がCypris(キプリス)の工房にいるんです!

1級所有者の半数以上がキプリスにいるって凄くないですか!?

そりゃあ日本一って言われるのも納得です。

 

そんな技術の一部をご紹介

縫製もさることながら、注目して頂きたいのが財布の角。

この部分の名前を「菊寄せ」というのですが、この部分を仕上げるのがとても難しいんですよ。

チープな財布だとこの部分のシワが大きかったり、しっかりとくっついていなかったりしてしまいます。

キプリスの技術はこういう細かいところがとても丁寧に仕上がっているので誰もが満足すると思いますよ。

 

もちろんメイドインジャパン!

これは当たり前ですね。日本一の技術が国外製だったらツッコミどころ満載ですもんね。

キプリスは日本製で、財布にも「made in JAPAN」の刻印が打たれています。

安心して使えて、人前に出しても恥ずかしくないクオリティです。

革についても一緒に説明したいのですが、キプリスが出している財布は種類が多すぎるので一度に説明は無理です。笑

財布紹介の時に説明しますね!

 

独自機構ハニーセルの近未来感がすごい

こんな形のカード入れは初めて見たって方も多いと思うのですが、それもそのはず。

実はこのハニーセル、株式会社モルフォさんが特許をとっているので、モルフォ社製品にしか作れないデザインなんです!

ハニーセルとは、写真の通り蜂の巣のような形をしたカード入れのこと。

開いた瞬間にカードをひと目で把握できて使いやすいのが特徴です。

ダイヤ型に開いたカードポケットは、カードの中央に空間ができるため指で摘みやすくなっています。

男性だけではなく、ネイルしている女性にとってもカードを取り出す時にメチャクチャ便利なんですよね。

「はっ!これはガッツリネイルしてるキャバ嬢にプレゼントしたら絶対に重宝されるやん!」

って思ったけど自分の心の中だけに留めておきますね。

 

レディースもあるよ

プレゼントで思い出したので追記しときますね!笑

キプリスはメンズの革財布として有名なんですが、レディースも展開しています。

メンズよりも色が明るく、女性らしいバリエーション展開をしています。

ハニーセルが付いている長財布も2万円代で何種類もあるので、気に入ったシリーズがあればお揃いで使ってみるのもありですね。

今から財布を紹介していきますが、もっとカジュアルなのがいいという方はレディースから探してみるともしかすると欲しい財布が見つかるかもしれません。

 

キプリスのおすすめメンズ財布

キプリスは財布の種類がかなり多いです。

たくさん紹介したい商品があるので、ここでは代表的な財布だけをピックアップします。

今回の趣旨にあったコスパのいい財布を中心に色々とおすすめを紹介していきますね。

 

キプリスのラウンドファスナー

キプリスで人気が高いのはもちろんラウンドファスナー。

理由はもちろん、前述したハニーセルが付いているから!

他の長財布や二つ折り財布には付いていないので、ハニーセルが良いと思ったらラウンドファスナー一択ですね。

メンズ、レディース、革以外の素材の財布など、バリエーションもメチャクチャ豊富なので公式サイトで自分にあった財布を探してみるのもいいと思いますよ。

 

キプリスの長財布

社会人になったらひとつは持っておきたい革財布。

縫製もきれいで、出来の良いキプリスなら文句ないですし、革財布の入門にもってこいの価格帯なのも売りしいですよね。

おすすめは、シラサギレザーとシルキーキップ。

スタンダードな形の財布なので、革財布が初めてでも使いやすく親しみやすい長財布です。

 

キプリスの二つ折り財布

キプリスの中でも一番種類の多いのがこの二つ折り財布。

最近はICカードや電子決済の普及で財布が小さくなっている傾向があるので、二つ折り財布で十分だという人が増えてきています。

また、革は使えば使うほど経年変化(エイジング)します。

二つ折り財布はポケットに入れてガシガシ使うので、革の表情を楽しみたい方にもおすすめですよ。

 

黒桟革を使用した「極シリーズ」

コスパ最強というわけではありませんが、キプリスにはこんな財布も取り扱っています。

黒桟革というのは、戦国時代に甲冑や武具に使用されていた革のこと。

今では剣道の胴胸などに扱われていますね。

それを現代風にアレンジしたのが、キプリスの「極2〜KIWAMI2〜」シリーズです。

鞣した革に何度も漆を塗りこみ、何ヶ月もかけて仕上げた財布はシボ一つ一つがキラキラと光るため「革の黒ダイヤ」と呼ばれています。

どうですか!?このフォルムに一目惚れした方も多いんじゃないでしょうか。

値段は少し貼りますが、戦う男って感じがしてメチャクチャカッコいいですよね!

 

風合いが美しい「漆シリーズ」

日本の伝統技術である漆塗り。

この漆塗りの伝統技術を活かし、革に加工した「jaCHROレザー(ジャックロレザー)」。

塗師が一つひとつ手作業で漆を塗り上げて加工しています。

漆は革などの柔らかい素材に塗ると割れてしまうのですが、ジャックロレザーはその割れが起きないよう特殊な技法で加工されています。

日本ならではの技術で、漆特有の色合いと風合いのあるグラデーションがなんとも言えない美しさですよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

キプリス(Cypris)は革財布の初心者から上級者まで幅広く愛されているブランドです。

ハイブランドにこだわる人はなかなかキプリスには手を出さないのですが、ハイブランドに引けをとらない縫製技術とキプリス特有の風合いを楽しむことが出来ますよ。

シリーズがたくさんあるので、色々と見てみるのがいいと思います。