【ココマイスター】3種類のコードバンシリーズを徹底解説! これを読めば全てがわかる!

ココマイスターのコードバンの財布の画像

キングオブレザーと呼ばれることでも知られるコードバン。

ココマイスターには3種類ものコードバンシリーズがあるんですよね。

今回は、そんなコードバンの違いを1つのページにわかりやすくまとめてみました。

公式サイトで比較してもなかなか分かりづらかったりするので、購入時の参考にしてみてください。

 

ココマイスターのコードバン財布は全部で3種類!

ココマイスターのコードバンシリーズは、

  • シェルコードバン
  • マイスターコードバンシリーズ
  • クラシックコードバンシリーズ

の3種類のシリーズ展開をしています。

実はこれ全部、違うコードバンを使用しているんですよ。

なので値段にも差がありますし、革の質感も全然違います。

 

使われているコードバンの種類は?

シェルコードバン 外装:シェルコードバン
内装:シェルコードバン、ヌメ革
価格帯:38,000円〜120,000円
マイスターコードバン 外装:水染めコードバン
内装:ミネルバ・ボックス、ヌメ革
価格帯:26,000円〜70,000円
コードバンクラシック 外装:ロウ引きコードバン
内装:アマンデルレザー
価格帯:27,800円〜91,200円

ざっくりとですが、分かりやすくまとめてみました。

  • コードバンの種類は全シリーズ違う
  • 内装にもコードバンを使っているのはシェルコードバンのみ
  • 価格帯は3万円〜12万円

価格帯に付いては、カバンを除いた全ての商品から比較しているので、最安値は名刺入れだったりします。

最高値はどのシリーズもラウンドファスナーです。

やはり両面にコードバンを使ってるシェルコードバンは価格が違いますね。

ではここからはシリーズを一つずつ、さらに深く解説していきましょう。

 

1. シェルコードバンシリーズの財布

まずはシェルコードバンから。

ポイントは3つです。

  • 世界トップクラスの「ホーウィン社」のコードバンを仕様
  • 内装もホーウィン社コードバンとヌメ革を仕様
  • 生産数が少ないので買えたらラッキー

 

ホーウィン社のシェルコードバンを使ってるよ!

ホーウィン社は、革を知っている人なら知らない人はいないほど有名。

アメリカはシカゴにて100年以上の歴史を持っているタンナーさんで、世界中のコードバンの中でも最高級品として扱われています。

ココマイスターのシェルコードバンシリーズは外装だけではなく、内装にもシェルコードバンを使用している贅沢品。

半年〜1年間じっくりと植物タンニンで鞣して磨いた最高級の革は、オイルをたっぷりと含んでいるのでしっとりとした手触りと艶が楽しめますよ。

 

「コードバン」と「シェルコードバン」の違い

気になるのがコードバンとシェルコードバンの違いですよね。

実はシェルコードバンはホーウィン社の商標で、他社のコードバンとの差別化 のために名付けたものなんです。

質のいいコードバンを作り続けた結果として「シェルコードバン=最高級コードバン」としての格が付いたんですね。

 

限定生産のためなかなか手に入らない!

ただでさえ年々数が少なくなっているコードバン。

ホーウィン社のコードバンも数が限られているので、ココマイスターも期間限定生産となっています。

公式ページでは「職人製造中」と書かれていると販売は目前!

販売の見通しが立つと日時が記載されますので、そこからが勝負。笑

時間通りに公式ページにアクセスしても買えるかわかりません…

本当にすぐに売り切れてしまうので、買えたらラッキー程度に思いましょう。

 

2. マイスターコードバンシリーズの財布

次はマイスターコードバンシリーズの説明ですね。

マイスターコードバンのポイントは

  • 外装のコードバンは日本有数のタンナー新喜皮革
  • 内装のミネルバ・ボックスはイタリアのバダラッシカルロ社
  • 高級感溢れるカラーバリエーション

といったところでしょうか。順番に説明しましょう。

 

マイスターコードバンには新喜皮革のコードバンを使ってるよ!

新喜皮革もかなり有名ですよね。

それもそのはずで、新喜皮革さんは日本最高と称される唯一の馬革専門タンナー。

兵庫県姫路市に創業して今年で68年になるタンナーの老舗です。

ミモザの樹脂エキスを使ってピット槽で鞣すという伝統的な作り方をしています。

また、新喜皮革が水染めコードバンを作るときには「レーデルオガワ」というタンナーに水染めの依頼をしています。

太平洋戦争の最中に編み出した、企業秘密の染色技術で時間をかけて染色と仕上げを行っています。

日本で作られる高級コードバンには「レーデルオガワ製です」と公表しているブランドが多く見受けられますね。

それだけ上質で信頼されているタンナーさんなのです。

 

マイスターコードバンの内装は「ミネルバ・ボックス」

シェルコードバンと違って、マイスターコードバンは内装にミネルバ・ボックスという牛革を使っています。

ミネルバボックスはイタリアの「バダラッシィ・カルロ社」というタンナーが作っています。

革の特徴としてはシュリンク加工という、表面にシボを出す加工をしています。

エイジングによって色が深くなり、艶が出てきますよ。

 

カジュアルっぽさが欲しいならこれ

ココマイスターのコードバンシリーズでも、カラーバリエーションに富んでいるのがマイスターコードバン。

フォーマルで使えるブラックやボルドーワインの他に、グリーンプラネット、ブループラネットという限定のカラーバリエーションが存在します。

どちらのカラーも紳士っぽさの中にカジュアルな雰囲気が出た良い色をしているんですよね。

ここまで繊細な色使いができるところが、さすがレーデルオガワの凄いところなんです。

 

 

3. コードバンクラシックシリーズの財布

ココマイスターのコードバンシリーズ、ラストは「コードバンクラシック」です。

  • コードバンシリーズの中でも一番お手頃
  • 国産の最高級のコードバンが使われている?
  • ロウ引きコードバンだよ
  • 内装はアマンデルレザー

コードバンシリーズの中でも一番価格の安いシリーズです。

それでもラウンドファスナーは9万円しますのでコードバンの貴重さが分かりますよね。

 

コードバンクラシックは国産のコードバンを使用

コードバンクラシックだけは、タンナーが公表されていないんですよね。

「国産の最高級コードバンを使用」ということなので、こちらも新喜皮革さんなのでしょうか?

その点だけ若干気になりますね。

 

ロウ引きコードバンを使用してますよ

ロウ引きコードバンはコードバンにロウをスプレーして仕上げた革です。

まるでブライドルレザーのような質感を楽しむことができ、ロウが取れていくエイジングが楽しくなります。

使い込んで磨き上げていけば、より洗練された光沢が手に入りますよ。

 

内装はベルギー産「アマンデルレザー」

ベルギー産の老舗タンナー「マシュア社」のアマンデルレザーを使用しています。

植物タンニンなめしで仕上げたキメ細やかなレザーはコードバンにもピッタリですね。

色合いもコードバンとマッチしてますよね。

 

まとめ

ココマイスターのコードバンシリーズの説明をしていきましたがいかがでしたか?

三者三様でさらに迷ってしまった方もいるのではないでしょうか。

個人的にはマイスターコードバンのカラーバリエーションが好きなんですよね。

ココマイスターのコードバンはどれをとっても評判がメチャクチャ良いので安心してください。

かなり入手困難ですが、販売中の商品があればかなりラッキーだと思います。

入荷情報はメールでも確認できるので、気になる方は是非ごらんください。