【変形革財布】カルトラーレの「ハンモックウォレット」がコンパクトで神収納!

ハンモックウォレットの画像

新しいものが好きな人なら、一度は「ハンモックウォレット」という言葉を聞いたことありますよね?

変わった作りに目を奪われますが、東京下町の流れを受け継いでいるので、見た目からは想像もつかないぐらい合理的で質実剛健な財布。

最近は電子マネーが便利すぎて、こういう財布がドンドン売れてきているんですよね。

そこで今回はコンパクトウォレットの最先端、カルトラーレのハンモックウォレットをご紹介します!

まだ知らない人は出来の良さにビビると思いますよ。

カルトラーレ公式サイトはこちら

 

カルトラーレとは

カルトラーレの店舗

ハンモックウォレットは、カルトラーレというブランドが販売しているコンパクトウォレットです。

カルトラーレは2012年に立ち上げた日本の革工房。運営しているのは株式会社エイムです。

ブランド名のカルトラーレ(Cartolare)はイタリア語で「航海日誌」を意味する言葉。

航海をする上で日々を記録する欠かせないアイテムと同じような存在になりたいという意味を込めて名付けられたそうです。

コンセプトは「Re:Design(デザインの再構築)」。つねに新しい視点からデザインを手掛けているんですね。

 

ハンモックウォレットってどんな財布?

カルトラーレのハンモックウォレット

最近は電子決済が主流になり、カード1枚あれば生活に困らなくなりました。

なんならスマホさえあれば財布は要らないなんて人もいます。

そんな時代の流れと共に、財布もコンパクトになってきているんですよね。

で、この財布が登場したわけですよ。

 

小銭入れが浮いてる

「え!浮いてる!!」

初めてハンモックウォレットを手にした時は小学生みたいな感想が出てしまいました。笑

そうなんです。

パッと見は二つ折り財布なんですけど、開いてみると小銭入れがハンモックのように浮くんです。

もちろん両端は固定されているので小銭が落ちるようなことはありません。笑

このコインケースが浮くことで紙幣がメチャクチャ出しやすいんですよ。

言わずもがな小銭も取り出しやすいです。

使い方にコツは必要ですが、トレーの上でお金を選ぶ感覚で取り出すことができます。

 

ハンモック型小銭入れへのこだわり

使いやすさにこだわり、デザインを時代に合わせて新しく。

そんなコンセプトを持って作られたカルトラーレの代表作であるハンモックウォレット。

財布として必要な部分だけをしっかりと残し、機能性を向上。

従来の財布に必要のない部分は徹底的に排除した形がこのハンモック型なんですね。

 

ハンモックウォレットのメリットは?デメリットは?

ハンモックウォレットの収納

コンパクトウォレットって、何かしら使い勝手が悪かったりするじゃないですか?

お札を折らないと入らなかったり、カードが収納できなかったり。

ハンモックウォレットはこんなに小さいのに収納に妥協をしていないんですよ。

財布に欲しい札入れ、小銭入れ、カード入れがしっかりと付いています。

最小限のサイズ感で、最大限の収納力を誇る財布と言っても過言ではありません。

 

慣れるまでが勝負

今までに無い形の財布なので、慣れるまでにちょっとだけコツがいります。

使いにくいと思ってしまったらそれが欠点になりますが、慣れてしまえばコンパクトで最高に使いやすいです。

普通の財布よりも一回り小さいため、カバンを持たない人やミニマリストには最高の財布だと思います。

いくらキャッシュレス時代だと言っても、まだまだ電子決済に対応していないお店もありますし、最小限のお金は持っておかないといけないですからね。

 

じつは女性にもおすすめ

後で紹介するんですが「ハンモックウォレット コンパクト」なんかは、女性にこそピッタリの財布なんじゃないかな?って思うんですよね。

というのも、ポーチに財布や鍵などを入れることの多いので、できるだけポーチの中身を少なくしたいですよね。

長財布をドカッと入れるよりもハンモックウォレットを一つ入れとくだけでかなり軽量化になるんじゃないでしょうか。

ハンモックウォレットはレシートくらいならラクラク収納できるので、カバンをスッキリさせるのに最適なのです。

女性向きのハンモックウォレットもあります

 

カルトラーレの財布を一気に紹介!

そんなわけで、ここからはハンモックウォレットを紹介していきます。

機能性を重視したもの、大きさを重視したものなど色々なシリーズがあって面白いですよ。

 

カルトラーレ ハンモックウォレット

カルトラーレのハンモックウォレット

サイズ 幅82mm × 奥行19mm × 高さ93mm
重さ 60g
素材 外側:国産牛本革
内側:合皮
小銭入れ 1個(コイン20〜30枚収納可能)
札入れ 1個(10枚収納可能)
カードポケット 2個(4〜6枚収納可能)
生産国 日本
価格 14,580円(税込)

カルトラーレの代表作のハンモックウォレットからご紹介します。

薄く見えるけど、19mmと意外に厚みがありますね。

使用感としては、片手サイズで二つ折り財布よりも小さく使えるといった感じです。ジャケットの胸ポケットに入るサイズですね。

昔使ってたことがあるんですけど、エンボス加工でキズが目立たないのが何気に便利でした。

あと、小銭が多くなると財布が閉まらなくなるため、お釣りを調整するのがちょっと面倒かなと。

とはいえ、思っているよりも普通に使える感じなので、見た目で戸惑っている人は買ってみてください。

ハンモックウォレットを見てみる

 

カルトラーレ イタリアンレザーエディション

カルトラーレのハンモックウォレットイタリアンレザー

サイズ 幅82mm × 奥行19mm × 高さ93mm
重さ 60g
素材 外側:イタリアンレザー
内側:合皮
小銭入れ 1個(コイン20〜30枚収納可能)
札入れ 1個(10枚収納可能)
カードポケット 2個(4〜6枚収納可能)
生産国 日本
価格 19,200円(税込)

さすが革小物ブランド、革が好きな人のこともしっかりと考えていますね。

こちらは外装にイタリアンレザーを使用したハンモックウォレットです。

イタリアはトスカーナ地方のタンナー「イタルペル社」のイタリアンショルダーレザーを使用しています。

革の香りや艶、エイジングを楽しみたい方におすすめです。

ちなみに、先程紹介したハンモックウォレットと比べても、大きさと重さ、収納量は全く同じですよ。

イタリアンレザーエディションを見てみる

 

更に小さい!「カルトラーレ ハンモックウォレット コンパクト」

カルトラーレのハンモックウォレットコンパクト

サイズ 幅93mm × 奥行69mm × 高さ26mm
重さ 59g
素材 外側:国産本牛革
内側:合皮
小銭入れ 1個(コイン15枚程度)
札入れ 1個(10枚収納可能)
カードポケット 2個(5枚収納可能)
生産国 日本
価格 17,280円(税込)

もっと小さい財布が良いんだよ!って方にはこちら。

三つ折りにすることでキーケースくらいのサイズになっていますね!

こちらも使ったことがありますが、小銭がかなり制限されます。

まぁ、真のミニマリストならお釣りの計算をしますからね、どんなに多くても小銭が15枚以上になることはないので問題ありませんね。笑

この大きさでカード入れがちゃんと付いているのはやるじゃん!って感じ。

お札が丸くなるのが難点ですが、普段使いで困らない程度の収納力はありますよー。

というか、この小ささで実用に耐えるのはハッキリいって驚異です。

ハンモック コンパクトを見てみる

 

カルトラーレ ハンモックウォレット ゴートレザー

カルトラーレのハンモックウォレットゴートレザー

サイズ 幅82mm × 奥行19mm × 高さ93mm
重さ 50g
素材 外側:ゴートレザー(山羊革)
内側:合皮
小銭入れ 1個(コイン15枚程度)
札入れ 1個(10枚収納可能)
カードポケット 2個(5枚収納可能)
生産国 日本
価格 17,280円(税込)

収納力と大きさは変わらず、50gという軽さを実現したのがこちらの財布です。

薄いけど摩擦に強くて丈夫という特性をもつゴートレザー(山羊革)を使っています。

牛革とはまた違った表情が出ていて軽くて優しい触り心地なんですよね。

ゴートレザーはハイブランドの手袋で使われるぐらい上質な革なので、素材にこだわる人に使ってみてほしいですね。

優しい触り心地が魅力の革です。

ハンモック ゴートレザーを見てみる

 

ハンモックウォレットの取扱い店舗

カルトラーレの店舗

公式ページによると、ハンモックウォレットは全国で12店舗で展開しているようですね。

 

東は東京や神奈川、西は大阪と兵庫といった感じで主要都市を中心に展開しているようです。

お住まいの近くにあるなら一度ハンモックウォレットを手にとってみてください。

 

まとめ

カルトラーレのハンモックウォレット

いかがでしたか?ハンモックウォレット良いでしょ。笑

男心をくすぐるフォルムで、一度は手にしてみたいなって思った方も多いと思います。

不器用な人にはつらいかもしれませんが、人並みの器用さがあれば充分使いこなせます。

ということで、みなさんもキャッシュレス時代に合わせて、ハンモックウォレットで財布をコンパクトにしてみるのはいかがでしょう?笑

リセールバリューもいいので、自分に合わなくてもメルカリなどで高く捌けて安心ですよ。

カルトラーレ公式サイトはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です