独自の染色技術!YUHAKU(ユハク)の革財布を徹底解説!

革財布ブランドYUHAKUの説明の画像

YUHAKU(ユハク)ってどんなブランドなの?

おしゃれな革財布を探していたらどこかで一度は目にしたことはあるのではないでしょうか。

このYUHAKUというブランドのデザインは、革小物の中に建築の概念を取り入れ、素材を引き立てるための色彩やデザインを追求したブランドです。

同じシリーズはあっても、同じ財布は1つも存在しない手染めのグラデーション加工を施したまさに世界で一つだけ、自分だけの財布を持つことができるのがYUHAKUです。

 

YUHAKUってどういう意味?

YUHAKUは革職人兼デザイナーである「仲垣友博」が立ち上げたブランドです。

ここまで来たらピンと来た方も多いと思うのですが、仲垣友博さんの友博(ともひろ)の読み方を変えて、ゆうはく→YUHAKUってことなんですね!

アーティスト寄りの視点で、絵画で使う技法を革小物に取り入れたことで国外からも注目を集めた仲垣さんならではのブランドネームです。

 

YUHAKUの口コミ・評判

YUHAKUのすごいところは、他のブランドにはない染色方法です。

冒頭でちょこっと触れましたが、絵画の技術を応用した技法をつかい、染料100%で染めています。

染料染めと顔料染めの違いについて説明すると、顔料染めは革の表面に色を乗せる方法で、染料染めは革に染料を染み込ませて色を出す技法です。

YUHAKUの染料染めは革の奥まで染料を浸透させて色を表現しています。

顔料染めとは違って、革本来の質感を潰さずに染め上げる技法です。

それをさらにグラデーションで表現するという高度な技法と美しさが評価され、伊勢丹、高島屋、大丸、西武、そごう、三越、阪急などの大手デパートで取り扱われているほどなんです。

海外のバイヤーからも直接オファーが来るほどで、世界でも認められているブランドと言ってもいいでしょう。

 

YUHAKUは色のこだわりがすごい!

YUHAKU独自の染色技術「ベラトゥーラ技法」

元々は絵画の技術で、下塗りをしたカンバスに半透明をかけて表現する「ベラトゥーラ」という技法を革に採用しています。

革を染めるために、このベラトゥーラ技法でたくさんの色を使ってグラデーションを作り上げてたYUHAKUのベラトゥーラシリーズはYUHAKUを代表する革となっているんです。

 

他のブランドにはないカラーバリエーション

YUHAKUのカラーバリエーションを見て一目惚れしましたね。

青が人気なんですが、紫の財布なんかもいやらしさが全く無く、シックでディープな財布に仕上がっています。

財布としてスタンダードな茶色一つとってみても他のブランドでは見ないような色使いですよね。

人と違う財布を持ちたい!って方にはピッタリのカラーバリエーションです。

 

YUHAKUの財布は細かく設計されている!

YUHAKUは色使いだけでなく、使用感も他のブランドに負けていません。

建築の概念を取り入れ、収納力、コインポケットの使用感、カードの出し入れまでこだわって作られています。

そんなこだわりを少し紹介していきましょう。

 

二つ折り財布のこだわり

二つ折り財布ってポケットに入れて使いやすいんですが、厚みが出やすいのが難点ですよね。

YUHAKUは革を漉く(すく)技術を使い、0.1mm単位で革の調整を行っています。

革を漉きすぎると今度は強度が保てなくなるので、調整が難しいんですね。

また、二つ折り財布は革を折り曲げて使うものなので、同じ厚みだと支障が出てしまう可能性があります。

そんな革を折り曲げる部分の厚みから内装の革の長さまで、細かく調整されて膨らみにくい財布を作り上げています。

 

長財布のこだわり

長財布に必要なのは軽さと強度、あとは使いやすさだと思うんですよね。

二つ折り財布でも説明した革を漉く技術に加えて、内装の革は様々な貼り方を組み合わせています。

これにより、芯材と呼ばれる革の芯を使わずに軽く強度を保つことができています。

 

内装のこだわり

ただ薄くて丈夫ってだけじゃないのがYUHAKU。

コインファスナーは幅をしっかりと取ることで大きく開き、小銭の重なりを防いでいます。

カードポケットは直線ではなく、カーブのかかったデザインを採用することで出し入れがしやすい。

収納にこだわれば必然的に厚みがでるはずなんですが、その厚みもしっかりと押さえているのが凄い!

いつも使うものだからしっかりと使う人に寄り添っているんだなと感嘆しました。

ちなみに!

YUHAKUさん、ラウンドファスナーに使用しているファスナーは最高級ファスナー「エクセラ」を使用しています。

これは高級バッグなんかに使用されているファスナーと同じなんですよ。

ここまでくると「作る」というよりも「設計されている」というのが正しいのかもしれませんね。

財布に限らず、名刺入れやキーケースも細かく設計されているので小物をYUHAKUで揃えると一気にデキる男になれそうな気がします!笑

 

YUHAKUのアフターケアは凄く充実している

革小物を扱う上で、気になるのが修理やアフターサービス。

良いものを長く使いたいですもんね。

YUHAKUは正規店で購入した製品に関して修理サービスをしっかりと行っています。

  • 磨き直し
  • 金具修理
  • コバ修理
  • 縫製直し

これらをしっかりと行ってくれるので安心して使うことが出来ますね。

YUHAKUの公式ホームページにて修理までの工程や、修理事例を写真で分かりやすく掲載しているので確認してみてください。

アフターサービスのページをここまで記載しているサイトはなかなか無いなと感心しました。

 

YUHAKUは日頃のお手入れもしっかりサポート

ひどいキズや汚れ・シミが付いてしまった場合は公式の修理に出すのが一番ですが、できるだけ自分でメンテナンスをしたいですよね。

そんな時でもYUHAKUはお手入れ方法をしっかりサポートしているんですよ。

  • 日々のお手入れ方法
  • キズが付いたとき
  • シミが付いたとき

などなど、画像つきでしっかりとお手入れの方法を解説してくれています。

YUHAKUに関しては下手にブログで検索してお手入れするよりも、公式のページを見ながらメンテナンスするのが一番です。

なんせ公式ホームページなんですから!笑

 

YUHAKU取扱店

YUHAKUの直営店は神奈川県横浜市に1店舗のみ。

正規取扱店は、北は北海道、南は福岡まで、全国の17都道府県の大手百貨店やデパートで販売しています。

しかし、販売店によって取り扱っているシリーズや販売量が違うので注意が必要です。

おすすめは公式サイトからのネット通販ですね。

ネットなら全商品の中から選ぶことができますし、展示品によくある色落ちなどもありません。

実際に手にとってYUHAKUの素晴らしさを実感してみてほしいのですが、全国に店舗があるわけではないのでネットで探すのが一番かなと思います。

 

YUHAKUまとめ

いかがでしたか?

今回はYUHAKUというブランドについて紹介してきました。

他ではできない色の表現や、使用感の細部にまでこだわって作られた財布です。

公式サイトを一度覗けばYUHAKUの魅力に取り込まれること間違いなしです!

また、Instagramやフェイスブックでは新商品の紹介をしているのですが、写真がメチャクチャおしゃれな写真ばかりなので見る価値アリですよ!